中村吉右衛門(二代目)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村吉右衛門(二代目)のプロフィール

二代目 中村吉右衛門、なかむら・きちえもん。日本の俳優、歌舞伎役者。東京出身。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。恵まれた体格で武蔵坊弁慶役を得意とした。歌舞伎だけではなくテレビドラマなどでも活躍し、『鬼平犯科帳』で主役の長谷川平蔵を演じ高い評価を得た。

歌舞伎のダイナミズム、パワー、僕自身これだっていうものをつかみたいのです。いまから十年間はそれをつかむための助走かもしれません。当然失敗もあるでしょう。しかし、失敗がなけりゃ成功もない。とにかく頑張るしかありません。もう登り始めた山を降りるわけにはいかなないですから。


登りかけた山なら登り詰めるべきでしょう。役者というのは人生経験なり人間性なりの蓄積がうまくミックスした時がいわゆる脂がのるという時期じゃないかと思うんです。年齢でいうと50から60歳くらい、それに向かっていろいろ試してみたい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ