中村俊輔の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村俊輔のプロフィール

中村俊輔、なかむら・しゅんすけ。日本のプロサッカー選手。神奈川県出身。横浜マリノスジュニアユースで2度の全国制覇を経験。桐光学園高校サッカー部で活躍したのち横浜Fマリノスに入団。その後、レッジーナ(イタリア)、セルティック(スコットランド)、エスパニョール(スペイン)など欧州のサッカーチームで活躍。日本代表としても多数の試合に出場した。

日々を過ごす中で、小さな課題を設定し、それをクリアし、クリアできたら次の課題を目指すようにしている。ハードルをひとつずつクリアする感じ。


書くという作業をすることで、自分の気持ちや考え方を整理できる。それを繰り返すうちに、自分のことを客観的に見つめることができるようになった。
【覚え書き|高校時代から毎日サッカーに関する日記を付けていることについて語った言葉】


若いときには上の人から刺激を受けていた。いまはオヤジになったから若い人に刺激をもらいつつ、「こいつに後れを取っているようではまずい」と自分に危機感を与えている。若いときは上を見ればいいだけでしょ?自分が年を取ったら上がいないから、下から刺激を受けるしかない。


高いパフォーマンスを出すことができるのは、いつも自分に刺激を与えているからね。単純に、もっとすごいプレーをしたい。メッシみたいなドリブルは無理にしても、向上意欲はまだ湧き出ているから。Jリーグに戻っても、俺の挑戦は続いている。自分と戦えるかどうかだよね。


いまは運よくいっているだけ。もし違う監督がやってきて、「若い選手を中心に走るサッカーをしたい」と言われたら、それで終わりでしょ?そうしたら、「これも運命か。引退かな」と受け入れるしかない。ただ1年1年を全力でやって、「ダメだったらダメ」という感じ。でも、できるだけ長くやりたいね。手術にしろ、ケガにしろ、実体験のあるほうが選手に伝えられるから。


「あの場面ではパスの選択もあったよ。でも、最後はシュートを打ってもよかった」と言う。そうすれば、「そうか、パスもあったのか」と思うからね。誰にでもそうだけど、伝える順番に気を使いながら話すようにしている。頭ごなしに否定すると、人間はプイと横を向くものでしょ。


自分にだけでなく、人に対しても妥協しなくなった。以前は自分がいいプレーをして、自主練習の成果を出せれば満足だった。正直、「もっとこうすればいいのに」と思っても、「声をかける必要もない」と流すことが多かった。でも、キャプテンになったらほかの人にも厳しくしないといけない。慣れていないことだったから、1年はかかったね。


年を取るにつれ、「監督はどう考えているんだろう?」という意識が出てきた。今はキャプテンだから、監督のやりたいことを俺が把握していないと、チームに浸透していかない。だから、監督には興味があるよね。会社でも同じでしよ?部下も「上司になったら、俺はこうやってまとめる」と考えないと、うまくいかないんじゃない?


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ