中川一政の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中川一政のプロフィール

中川一政、なかがわ・かずまさ。日本の洋画家、美術家、歌人。東京出身。主にバラを好んで描き、97歳で死去する直前まで描き続けた。洋画だけではなく、水墨画、版画、陶芸、詩、和歌、書など多彩な分野で活躍。また、随筆家として多くの著作を残している。

肩書が付くにはそれだけの経歴と実力があるわけである。肩書が目立って人物にそぐわないというのもあるが、たいていは肩書通りに人間の幅が出来てくるものだ。人間というものは自分の力があると思い込みすぎると空転してしまうが、ないと思いすぎるといじけてしまう。そういう人間が肩書を与えられると、自分で意識しなかった力が出る。自分の力を自覚してきたということである。反対に肩書が付かないために自分の力を知らず、また自分の力の振る舞いようがなくて一生終わってしまう人もいる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ