中島董一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中島董一郎のプロフィール

中島董一郎、なかしま・とういちろう。日本の起業家。キユーピーの創業者。水産講習所(のちに東京水産大学を経て、東京商船大学と合併し東京海洋大学)卒業後、兵站を行う近衛輜重兵大隊(このえしちょうへいだいたい)に一年間所属。除隊後、缶詰会社若狭商店へ入社。農務省海外実業実習生に選ばれ、欧米に留学。海外でマヨネーズに出合い、帰国後缶詰販売の中島董商店を創業。キユーピーの前身である食品工業株式会社を設立しマヨネーズ販売を開始。また、缶詰とジャムのブランドのアヲハタを展開した。

従業員は給料のみにて生きるにあらず。給料を多く払えばそれだけ従業員がついてくると過信したのではありませんか? 生活していくのに給料は不可欠ですが、従業員には思いやりも必要です。それがわかっていなかったから、今回の事件が起きたのだと思いますよ。
【覚書き|後継者の藤田近男氏の代で労組のストライキが起きたことについて藤田氏に語った言葉】


会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい。
【覚書き|後継者の藤田近男氏に社長を任せたときの発言】


組合が主張することでも正しいと判断したことは聞いてあげなさい。しかし、納得できないことを数の力で押し切ろうとするなら断固反対しなさい。それで会社がつぶれてもやむを得ません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ