中島浩一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中島浩一郎のプロフィール

中島浩一郎、なかしま・こういちろう。日本の経営者。「銘建工業」社長。岡山県出身。横浜市立大学理学部卒業後、銘建工業に入社。同社社長を務めた。また、「真庭バイオマス発電」社長を務めた。

余った木の皮やオガクズをバイオマス発電所に持ち込めば、燃料として評価できます。お金を出して捨てているものが、売れるものになる。


振り返ると子供の時から両親は「もったいない」、「無駄にするな」ということを私に言っていたように思います。ですから、父からのDNAを受け継いでいると感じますし、父に聞けば、会社を興した祖父から受け継いだと言うでしょう。


木を使う仕組みを通してしか森林は守ることはできません。人工林は、伐って、植えて、育ててという循環です。それをきちんとやれば再生可能な資源で、エネルギーにも、建築資材にもなります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ