中山悠の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中山悠のプロフィール

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。


「おいしい牛乳」は搾ってすぐの風味をおいしさと定義し、特許技術の裏付けもあるが、商標にはなりません。製品は類似品が出ないようにするのが原則で、私は商標登録できるネーミングをと、かなり言いましたが、それを上回る若い人の熱意に押し切られてしまいました。
【覚書き|自己と他人の商品・サービスとを区別することができない名称は商標登録できない】


牛乳はコップに注いだらどこのメーカーかわからないと言われましたが、一昨年全国発売した「明治おいしい牛乳」は消費者に違いを分かっていただけた。コマーシャルで流したら怒られますけど、一番うれしかったのは、嗅覚の鋭い犬に選ばせると必ず「おいしい牛乳」を飲むんですよ。それほど味覚がフレッシュということ。デフレでも高い値段を維持し、2003年度の販売額は6割伸び、まだ増えます。


「新しい時代が来るよ。すべて変わらないと駄目だね」とただ漠然に言っても、社内はなかなか動きません。そこで、工場のプロジェクトチームに言いました「コスト3分の1の工場を作ろうじゃないか。おまえたち、好きなものを作ってみろよ。明治乳業で俺はこの仕事をしたんだと言えるものを」と。そうして突破口が開けました。新しいものを作る。創造する。その仕事がうねりとなって会社全体を動かしていく。それは喜びだし、生きがいです。末代まで言えます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ