中山廣男の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中山廣男のプロフィール

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

研究開発理念8カ条

  1. 思いこみは捨てよ。
  2. 思いつき(ひらめき)を拾え。
  3. やらぬ後悔よりやった後悔が良い。
  4. 発明や開発は常識の裏にある。
  5. 不良の山に宝ある。
  6. 研究開発はエンドレス、常にその時がスタートである。
  7. 満足したときにその技術はストップする。
  8. 過去の栄光はその瞬間で終わっている。

学問は過去の知識の集積であることから新しい発見や開発には役立たないどころか障害になることもある。何かに取りつかれたように、誰も見向きもしないテーマに取り組み、無駄とも思われる実験や試作を黙々と積み重ねる中から開発が生まれる。失敗の積み重ねが生きた学問である。


会社経営の究極の目的は何なのかと問われたら「新しい製品を創る」ことだと答えます。


伊藤忠兵衛さんも松下幸之助さんも、業種は違えども、自分の足でコツコツと商品を売りに回ったことでは同じ。基本中の基本です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ