両角良彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

両角良彦のプロフィール

両角良彦、もろずみ・よしひこ。日本の官僚、ナポレオン史家。東京帝国大学法学部を卒業後、商工省に入省。戦後、GHQの通訳として各種書類の翻訳などを行う。その後、通産省官房調査課長、在フランス大使館一等書記官、通産省企業局企業一課長などを経て、田中角栄内閣で通産省事務次官を務めた。

私は統制経済というものに対して、距離を置いて眺める習性が身についた。統制は必ず自己増殖を遂げ、手に負えなくなる怪物であると知ったからである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ