下嶋政幸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

下嶋政幸のプロフィール

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


投資は収益力向上の「手段」に過ぎず、それ自体が目的ではありません。原則、営業キャッシュフローで創出された資金をもとに行いますが、優良な大型買収案件などがあれば資金調達も検討します。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ