上杉鷹山の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

上杉鷹山のプロフィール

上杉鷹山、うえすぎ・ようざん。上杉治憲、うえすぎ・はるのり。江戸中期の大名。出羽国米沢藩9代目藩主。日向高鍋藩(のちの宮崎県児湯郡の東部)藩主の子として生まれる。母方の祖母が米沢藩4代目主の娘であった縁から米沢藩8代目藩主・上杉重定の養子となる。数々の改革を成し遂げ、領地返上寸前の米沢藩を再生させた。江戸時代屈指の名君として知られている。

働き一両、考え五両、見切り千両、無欲万両。


国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候。人民は国家に属したる人民にて、我私すべきもににはこれなく候。国家人民のために立てる君にて、君のために立てる国家人民にはこれなく候。右三条、御遺念あるまじく候事。【覚書き|引退するときに次期藩主に伝えた言葉】


勇にあらずんば、何を以て行わんや。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ