三池崇史の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三池崇史のプロフィール

三池崇史、みいけ・たかし。日本の映画監督。大阪出身。横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)卒業。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔らに師事し、Vシネマ『突風!ミニパト隊』で監督デビュー。様々なジャンルの映画制作を行う。米国雑誌『TIME』のこれから活躍が期待される非英語圏監督10位に選ばれる。『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞。『オーディション』でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞。『カタクリ家の幸福』でジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞。『牛頭』で第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭審査員特別ビジュアルエフェクト賞。

主張する必要は何もない。むしろ黙っていまの状況を受け入れることが必要。あれこれ言わずとも、動けばわかる。


本当の自己主張とは、声高に自分を語ることではない。夢中になって、我を忘れて動いたときに、本当に自分が生きる瞬間がある。自分というものを意識しなくなったときに自分の本当の部分が出てくる。


これは演技に限った話ではないのですが、いまは「俺が俺が」という自己主張が美徳になってしまっている。そうしないと何も始まらないと考えている人が多いけれど、それがすべてじゃないと思います。


僕も含めて、いろんな経歴と経験を持つ人たちが集まって、それぞれが自分のやってきたものを活かしながら、それ以上でもなくそれ以下でもなくただ「侍」「刺客」というものを演じる。そこから何が生まれるかはわからないけれど、それが面白いんだと思います。
【覚書き|映画『13人の刺客』を撮影したときのコメント】


役作りという言葉にこだわりすぎると、台本のセリフとか登場人物の背景に演技が閉じ込められていってしまう。そこから彼らを解放するというのも、監督の役割だと思います。


僕は役者とほとんど話さないんです。話しても、ひと言ふた言。役者はプロである以上、僕があれこれ言わなくても、衣装とかセットのたたずまいとかカメラのポジションなどから、自分がやるべきことはわかりますから。とくに立ち回りのシーンでは、僕らは一切声をかけないし、かけられない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ