三木谷浩史の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三木谷浩史のプロフィール

三木谷浩史、みきたに・ひろし。日本の経営者。「楽天」の創業者。兵庫県出身。一橋大学卒業後、日本興業銀行(のちのみずほ銀行)に入行。ハーバード大学経営大学院でMBAを取得したのち、楽天市場を創業。そのほか、新経済連盟代表理事、東京フィルハーモニー交響楽団理事長、プロ野球球団東北楽天ゴールデンイーグルスオーナーなどを務めた。

「行動するために考える」、そう考えるのが間違いの元。「考えるために行動する」、そう考えればいい。


遠回りでもいいから正しいやり方でやりなさい。成功した時に周りが称賛してくれるように。


これを実現することで社会がどう変わるか常に意識しろ。


志と挑戦で世の中を変えるほど楽しいことはない。


人はビジネスモデルに集まるのではない。大義名分に集まる。


「こうしたほうがいい」でなく、「こういうことができる」と実例をもってこそ世の中を動かせる。


人が集れば、物が売れる。売れたら、また人が来る。


おまえの話は長い! 説明が長くなってしまう事業はイケていない。聞くに値しない。
【覚え書き|部下の企画に対する発言】


アポロ宇宙船は、月に行くという目的があったからこそ、月に行けたのであって、飛行機を改良した末に月に到達したのではない。


複数の競合プレーヤーがいる中で、どんな付加価値をつけることができるか、どういうユーザー体験を顧客に提供できるかが重要だと考えています。


スピードを極限まで高めた先には、想像を絶する頂が見えてくる地点がある。


管理すればするほど社員のモチベーションは落ちるもの。


やっている時は「なんでこんなことしてるのか」と思うこともあるけど、王道は進み続ければいい。諦めなければいい。


大事なのは現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代は生き抜いていけないと僕は思う。


常識で考えることがいかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。


高級スーツに身を包み、気取って話をするより、汗をかきながらでも一生懸命に話をした方が相手がよく聞いてくれることを、僕は経験から学んだ。


勇気を持とう。やらなければいけないとわかっていても、見て見ぬふりをしてしまうところが日本人にはある。世界のトレンドは変わっているし、いままでの価値観にしがみつくばかりでは滅びるしかない。


たしかにラジカル(過激)な発想だった。反発が起きるのも当然だろう。だが、リスクをとって利益を得るのが企業であり、そもそも、それくらいのラジカルな発想をするのが実業家という人種ではなかったか。
【覚書き|英語を社内公用語にしたことについて語った言葉】


生ぬるい目標を掲げていては、人も組織も育たない。少し無茶なくらいの発想、いわば「ちょい無茶」が、人材育成にとって大事ではないかと思う。


もし市街地を再開発したいなら、飛び地を買い集めてもあまり意味はない。隣接地をまとめるから飛躍的に価値が上がる。同じように、事業としての隣接しを取得するのがM&Aの基礎である。


ロマンチックな言い方をすれば、仕事に恋すればいいのだ。恋人と違って、仕事は自分の努力で変えることができる。本人がどう取り組むかによって、理想の恋人になることもあれば、顔もみたくない天敵になることもある。それが仕事というものの不思議さだ。恋人にするか、天敵にするかは100%本人の責任だ。上司に恵まれないとか、内容が自分に合わないとか、言い訳を探せばいろいろあるだろうが、結局はその仕事を選んだのは自分のはずだ。


インターネットを使って、条件的に弱い立場にある人に力を与えること。エンパワーメントすることが楽天の使命なのだということを、僕たちはあの時期に学んだ。出店者はなかなか増えなかったけれど、やるべきことは山のようにあった。事務所には寝袋が備えてあって、いつも誰かがそこで寝ていた。時間がないから、昼食は毎日近所の牛丼屋で済ませていた。自分たちのやっていることが、世の中のためになると信じていたからこそ、あそこまで仕事に夢中になることができたのだ。


僕はまず『そもそも論』を考えるべきだと思う。どんな仕事のときでも、「そもそもこの仕事はなんのためにするのか」を考えろということだ。いつもそう考える癖をつけておけば、それが仕事のアイデアに繋がっていく。改善のための仮設も自然にわいてくるはずだ。


ビジネスは試験違って、問題に対する正解は用意されていない。問題が生じる。その解決法を考える。その解決法が正しいか、間違っているかは、実際にそれを適用して初めて判断できる。ただし、ビジネス全体にかかわる問題の場合には、思いついた解決法をそのまま適用するわけにはいかない。そこでまず仮説に基づいて、小さな実験をする。その結果を検証して、ビジネス全体に適用できるかどうかを判断する。


僕たちの目の前には、いつも登るべき山があった。それも、自分たちの能力では登りきるのが不可能に思える高い山が。リーダーの役割は、そういう山をいつも見つけることだと思う。「あんな山、登れないですよ」誰かが弱音を吐く。「大丈夫だよ、俺たちなら登れる」そう言って、一緒に山を登るのだ。そして登り切った瞬間には、次なる高い頂を指して、「今度はあの山を目指そう」と宣言する。不可能に見えた山を登り切った喜びと自信が、会社の文化になる。


ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。ホモ・ルーデンス(遊びの人の意)、人間は遊ぶ動物なのだ。人間は遊んでいる時が、最大の創造力を発揮する動物なのだ。仕事を人生最大の遊びにできれば、人は誰でも有能なビジネスマンになれる。


僕は会議の時間をもっと有意義に使いたいと考えた。会議の大半は、要するに説明の時間なのだ。これを短縮すればいいと考えたのだ。そこで楽天では会議の資料を、前日の夕方5時までにすべて提出することにした。実際の会議では、前の晩に資料を読んでいるから説明の時間は必要ない。楽天方式なら資料を読んだ際の不明点だけ、ここだけちょっと説明してくださいで済むから、1時間の会議が10分くらいで終わる。


走り幅跳びにたとえるなら、パラダイムシフトは踏切のジャンプだ。確かにジャンプは重要だけど、パラダイムシフトばかりを強調するのは、ジャンプの練習しかしない幅跳びの選手のようなものだと思う。ジャンプの前には助走がある。助走の練習を怠れば、どんなにジャンプが完璧でもいい記録は出せないはずなのだ。地道な改善の積み重ねによる知の集積があって初めてパラダイムシフトが起きる。


世の中は天才ばかりではない。けれども、改善は誰にでもできる。そして、日々改善を続けていけば、どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。くじけず、うまず、たゆまず、一段ずつ階段を登っていけば、いつかは天才を超えることができる。そう僕は信じている。歴史はそうやって進歩してきたのだから。


未来は不確定だ。明日何が起きるかは誰にもわからない。それは、この世に存在しているあらゆるものが変化し続けているからだ。昔の人はその真理を、無常という言葉で表現した。人生は一度しかない。だからこそ何かをなし遂げたいと思う。そしてこの世で何かをなし遂げるためには、世界が無常であることをいつも心に刻んでおかなければならない。自分を叱咤するためにも、未来に適応するためにも。


収入や職場環境をよくするだけでは、従業員満足度を必ずしも高めることはできないと僕は思っている。もっと正確に言うなら、従業員満足度よりももっと重要なことがある。従業員がどれだけ満足していても、彼らが仕事に当事者意識を持って取り組んでいなければ意味がないと僕は思う。仕事とは、他の誰かのためにするものではなく、自分のためにするものだ。自分の仕事の主人公が自分でなくてどうするのだろう。


顧客満足度が、あらゆるビジネスが目的とすべき指標であることは議論の余地がない。顧客満足がなければ、事業は成り立たない。もちろん、M&Aや投資という手法を使って短期的に利益を上げることはできる。しかし、お客さんがついてこなければ、結局いつかは破局を迎えることになる。顧客に支持されてこそ、ビジネスの拡大につながっていく。


収入は仕事の大きなモチベーションになるけれど、それだけでは本当の意味で頑張る力は湧いてこない。人間は弱い生き物なのだ。どんな人も心の底では、他人の評価や感謝を必要としている。自分の仕事が誰かを幸せにしているという実感は、仕事を続けていくための極めて重要なモチベーションになり得る。


すべてはお客様のために。もしこのコンセプトをビジネスの中で100%実現することができたら、そのビジネスは100%成功するだろう。誰もがそれを知っているはずなのだが、あまりにも当然すぎて、しばしば忘れられてしまうコンセプトでもある。それがただの掛け声になっている企業はあまりにも多い。


チャレンジして失敗することを恐れてはいけない。失敗もひとつのデータになる。何もチャレンジしないことの方が、大失敗するよりもはるかに始末が悪い。僕は、失敗には消極的失敗と積極的失敗のふたつがあると思っている。消極的な失敗とは不作為による失敗、つまり何かをすべきなのに何もしないことがもたらす失敗だ。反対に何かにチャレンジしてその結果が失敗に終わることを、僕は積極的な失敗と呼びたい。積極的失敗と消極的失敗には天と地ほどの差がある。


歴史を振り返ってみれば過去にいくらでもヒントはあるのに、先入観や固定観念に左右されてなかなかそこからは学べないのが人間というもののようだ。けれど、その盲点がビジネスをする人間にとってはチャンスでもあるわけだ。誰も気がついていないからこそ、アイデアの源泉になり得る。


仕事はいつも血沸き肉躍るスリリングなものとは限らない。毎日毎日、退屈な仕事をしなければならないこともある。それを会社や上司のせいにして、手を抜いたり、いい加減な仕事をしてしまったら、自分が損をするだけだ。限りある自分の時間をドブに捨てるということだからだ。


銀行とか商社とか大企業が日本を変えたり、社会を作っていくという時代はもう終わった。これからはむしろ個人や中小企業が、既成事実を積み重ねて新しい社会を作り、日本を変えていく。


仕事中毒と言われようが何と言われようが、仕事を人生最大の楽しみにすることが一番楽しい生き方だと僕は知っている。もちろん、趣味に生きる人や、子育てのために会社を辞める人を否定するつもりはない。仕事以外にも、人生の喜びはいくらだってある。けれど、少なくとも仕事をする以上は、そこまでやらなければ楽しくはならない。人は誰かのためでもなく、自分の喜びのために仕事をすべきだ。


日々改善することは極めて重要だけれど、その改善にははっきりとした目標がなければならない。まず何を改善すべきなのかを徹底的に分析しなければならない。そして目標を立てた以上は、絶対にその目標を達成しなければならない。


少しでも進んでいく、一段ずつでも上がっていくためには、いつも自己を否定する勇気を持たなければならない。自己否定というと、ネガティブな言葉のように感じられるかもしれない。けれど改善していくためには、自己否定する視点が必要だ。自己愛が判断を誤らせることを常に注意していなければいけない。仕事が上手くいっているときほど、このことは意識して考えた方がいい。


現在の状況に満足せず、常に改善を続けてきたこと、常に前進してきたことが、楽天をここまで成長させた本当の秘訣だと思う。改善を続けているからこそ、僕たちはインターネットの普及という千載一遇のチャンスをここまで活かすことができたのだ。


辞書でベンチャーという言葉の語源を調べたら、アドベンチャーからadを取ったものと書いてあった。ベンチャービジネスはビジネスにおける冒険なのだ。この冒険の成否は、個々の社員がどれだけ能力を開花させるかにかかっている。そしてビジネスの舞台で自分の能力を開花させるには、日々改善するという意識が何よりも役に立つのだ。


インターネットの仮想空間上では、店舗を開設する場所の善し悪しは、どれだけの数のユーザーに認知されているかで決まる。そのカギとなるのは、当然、ホームページを見るユーザーの数だ。認知度を上げるには、店舗の数を増やすことが第一だ。できるだけ多くのユーザーを惹きつけるためにも、できるだけ多くの出店者を集めようと思った。店がたくさん集まっているところにお客さんも集まるのは自明の理だからだ。


6人が一ヶ月走り回り、何百の商店や会社を訪問したかわからないけれど、獲得した出店者が4、5店舗ということは、成功確率はせいぜい1%か2%というところだろう。けれども僕はそれを、たったの5店舗とは思わなかった。ゼロは何倍にしてもゼロだが、1でも2でも数字があれば改善してそれを増やすことができる。
【覚書き|楽天市場のスタート時、全力で営業活動をするも1ヶ月の出店数が5店ほどしかなかったことについて】


世界のビジネス界において「カイゼン」という言葉は、一番よく知られた日本語のひとつでもある。それは使い古された言葉だけれど、太陽が何千回地平線から昇ろうと太陽のことを古いという人がいないように、改善という言葉は人間がビジネスをしていく限り永遠に使い続けられるはずだ。


日本が独自の文化をはぐくむことができたのは、周囲の大海によって世界から分断されていたからだ。楽天にとって有利だったのは、その周囲の大海と同じ役割を果たす言語の壁が日本を取り囲んでいたということだ。僕たちは英語圏のライバルの攻撃にさらされる前に、日本独自のインターネット文化をどうにか育てることができた。もちろん、言語障壁が、いつまでも日本の企業を守ってくれるわけではない。現在の日本の政治や経済の仕組みを考えれば、日本が外国企業の草刈り場になってしまう可能性も決して低くはない。


努力をしなくても楽天市場に参加しさえすれば儲かるなどという夢物語を語るつもりはない。現実の商店街だろうと、インターネットの仮想空間だろうと、努力と工夫を重ねなければ成功はありえない。いやもしかしたら、インターネット上のほうが、より大きな努力を必要とするかもしれない。インターネットショッピングがこれからもっと盛んになっていけば、差別化する努力をしない店舗は膨大な数の中に埋もれてしまうだろう。


理念がなくても、短期的中期的には大きな利益をあげることができるかもしれない。けれど正しい理念がなければ、長期的な繁栄は絶対に望めないのだ。


誰だって失敗は怖い。僕だって怖い。会社の規模が大きくなり、仕事が順調に進めば進むほど、失敗を恐れる気持ちは強くなる。けれどその気持ちに負けてしまったら、会社の成長力は確実に鈍ることになる。インターネット時代の企業は、いつも最新でなければ生き残れない。


人間は目標を決めた当初は一生懸命頑張るけれど、放っておけば時間の経過とともに意欲が低下してしまう。それはある程度は仕方がないことだ。だから僕は毎週朝会を開く。朝会は日々改善するという目標を再確認するためのひとつの仕組みなのだ。


人と人のコミュニケーションが急速に失われている時代だからこそ、人はコミュニケーションを求めるのだと思う。ディスコミュニケーションの象徴のようにとらえられがちなコンピュータとかインターネットは、使い方によっては強力なコミュニケーションツールになる。そして、ディスコミュニケーションの時代には、コミュニケーションはある種のエンターテインメントにもなり得る。


世の中にある仕事で、はじめから面白い仕事なんてそうそうあるものではない。ならば、巡り合えない面白い仕事を探すより、目の前の仕事を面白くする方がずっと効率がいいはずだ。仕事を面白くするのは、仕事の内容そのものより仕事の目的なのだ。どんな仕事であれ、目的を見つけることはできるはずだ。そして、どんな仕事であれ、目的意識さえあれば、それを楽しむことができるのだ。


楽天ではオフィスの掃除を自分たちで行うことにしている。これは創業当時から続いているもので、現在でも変わっていない。オフィスの掃除を自分たちでするのは、足元の現実を忘れないためでもある。大きな目標を掲げるのは大切なことだけれど、それだけに心を奪われていると、人間はどうしても目先の小さな仕事を軽視してしまう。


プロフェッショナルになれなどと言いながら、創業当時に僕がやってきたことはアマチュアじゃないかと言われても仕方がない。営業マンとしてもプログラマーとしても、僕たちは要するに素人だったわけだ。だけど、僕はそれでいいと思っていた。専門的な技術の有り無しが、プロフェッショナルか否かを決めるわけではない。プロフェッショナルに不可欠なのは、技術よりむしろ成功体験だ。困難な目標に立ち向かい、その目標を達成した喜びが、人を本当の意味でのプロフェッショナルにするのだと思う。


これからの世界を動かすのは既存の大企業ではない。新しく生まれた事業や、新しい産業が世の中を動かそうとしているのだ。たとえ小さな手漕ぎボートでも、自分で作った船で、僕はこの新しい潮流に乗り出したかった。どんな業種でも、どんなに規模が小さくても、とにかく起業しようと思ったのだ。
【覚書き|興銀を辞め起業した当時を振り返っての発言】


僕は自分の欠点も限界もよく知っている。僕は、目標さえあれば他のすべてを投げ捨ててでも突き進むことができる。窮地に陥れば陥るほど、俄然やる気がわいてくる。けれど、これが最大の欠点なのだが、仕事が軌道に乗ってしまったらすぐに興味を失いかねない。義務感だけでは仕事に集中できない。極めて飽きっぽい。平和なときには役に立たない、乱世でしか力を発揮しないタイプなのだ。


僕の定義するプロフェッショナルは、それでお金を稼いでいるかどうかよりも、それにどれだけ自分の心血を注ぎこんでいるかでプロフェッショナルかどうかが決まると僕は思っている。すべてのビジネスマンは、プロフェッショナルを目指すべきだ。それはビジネスで成功するための秘訣であり、仕事を楽しみに変えるための秘訣でもある。


たとえ毎日1%の改善でも、1年続ければ37倍になる。1.01の365乗は37.78になるからだ。これは、一人の人間の話だけれど、組織として考えればもっと大きなことが起きる。理論的には2000人の社員がいれば、1日で1.01の2000乗、計算すると4億3928万6205となる。


「本当にその方法論が効率的なのか、それが必要なのか」いつもそのことを考え続ける姿勢が必要なのだ。


変化する価値観に対応できなければ、いまどんなに新しく見えるビジネスも、結局は衰退していくことになる。日々改善する意識を持ち続けなければ、この変革期を乗り切ることはできない。僕たちはいま現在、まさにそういう変革期に生きている。


一番最初に導入したサーバーは、僕が秋葉原へ買いに行って自分で事務所に持って帰ってきたのだ。そういうレベルで運営できたからこそ、月額5万円ポッキリなんて無茶な価格設定ができたのだ。
【覚書き|楽天市場開始当時、入会金無料・売上マージンなしにできた理由を語った言葉。当時すでに大企業がオンラインモールを開始していたが、コストのかかる大規模システムを使っていたので商店が出店するだけで数百万円の費用がかかっていた】


ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。


僕は普段から社員に対して「自走する社員になれ」といっていて、自ら考えて、自ら行動する社員になってほしいと思っています。そうしないと楽しくないでしょ。人生の大半を使う仕事というものは、やっぱり楽しくなくちゃ。僕は楽しんでいますよ。これからも楽しみたいと思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ