三木田國夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三木田國夫のプロフィール

三木田國夫、みきた・くにお。日本の経営者。化粧品・日用品・一般用医薬品卸会社大手「Paltac」社長・会長。近畿大学商学部商学科卒業後、大粧(のちのPaltac)に入社。企画室長、常務、副社長などを経て社長に就任。同社を大きく成長させた。

経営で大切なのは、常に相手の立場になって考えるということ。ビジネスでは自分たちだけが得をするというのは続きません。


私は常に変化することが好きです。あるときは緩めたり、またあるときは締めたり、振り子のように変化します。


私は若い頃からセクショナリズムが嫌いでした。大企業病にならないために常に「変化」を続けなければならない。


心底相手の立場になって考えたら、信頼が生まれる。


「いつ改革は終わるのですか?」と聞かれますが、改革・進化に終わりはありません。一生続きます。


社員に対しては公平・公正です。そうでなかったら人は動きません。


売れない商品を無理やり売ってはいけません。消費者も喜ばない。


どれだけ優秀な講師に学んでも上司が変わらなければ、会社は変わりません。


相手(お客様)のかゆいところに手が届いているか。相手がかゆくもないところをかいていないか。


お取引先の繁栄なくして当社は成り立たない。当社だけが利益を上げるようなことはしない。


取引先の満足が当社の売上高になり、利益となります。それが当社の伝統です。


「相手の立場になって物事を考えること」を基本姿勢としています。メーカーと話をする時はメーカーの立場に、小売であれば小売の立場に立ちます。


上司は部下を叱ったらいけません。問題が起こったら、その解決策を探して教えるのが仕事でしょう。


若い社員には「正しいことを言うときは気を付けなさい」と教えています。場合によっては相手が傷つくでしょう。いつも全体のことを念頭に置くことが大切です。


我々は、物流だけでなく営業もチームで役割分担しています。各々に責任と権限を持ち、さらにそれぞれの社員の一番良い部分を取り入れる「ベストプラクティス手法」を採用しています。


上司は命令するのが仕事ではない。昔から、「穴を掘れではダメ。水が必要だから井戸を掘ろう」が正しい。目的を示して指示を出すことです。「俺が言うからやれ!」はいけません。


昨年からは社長や支社長といった肩書きで呼ぶのは禁止し「さんづけ」に変えました。服装もスーツではなく、年中カジュアルでよしとしました。大企業病にならないために、もう一度、自由闊達な社風にしようと活動を始めています。


従業員に「希望」と「夢」と「安心」を与えるのがトップの仕事です。やり甲斐のある仕事が出来る職場がいいでしょう。簡単に言えば、「お父さん、いい会社に勤めて良かったね。退職してからも安心だね」と家族から言ってもらえる会社にするのが経営者の仕事です。


改善できるムリ・ムダはまだまだあって、合理的に効率を上げられるところはあります。生産性が高いといっても、まだうちはトヨタでいうところの「乾いた雑巾」にはなっていません。


メーカーから小売業まで含めて、サプライチェーン全体を巻き込んでいく仕組みが必要です。1社だけ頑張っても、部分最適ではうまくいかない。川上から川下まで「全体最適」を考えるのが当社のミッションです。


短期的に見ればいいときもあれば、悪いときもある。正直なところ消費者の動きは読めません。弊社は短期ではなく中長期的な視点で常にさらなる生産性の向上に取り組み、持続的成長を目指し、物流センターも日々進化させています。


当社の考え方として「ものを売るだけの人はいらない」があります。我々はサービス業です。例えば化粧品であれば、消費者にさらに美しくなってもらうために口紅があるのです。


本社にはお金をかけません。東京から来た方はびっくりされます。「120億円も利益を出しているのに何でこんな商店街の中に居るんだ」と。本社を綺麗にして利益が出るのであれば明日にでもビルを買いまっせ(笑)。本社を綺麗にしても余計な負担が増えるだけなのです。


「問屋は大きくなったら潰れる」と言われますが、とにかく「事業継続」が私の役割でした。いわゆる支配人ですね。先代の社長からも「会社を、お店を預かっている気持ちで経営してほしい」と言われました。だから今の社長にも「支配人のつもりでやれ」と言っています。


我々は戦後から「チームで会社をやっていこう」という思いでした。経営はひとりではなく複数の人間で協力して行うものです。営業も物流もシステムも全部チームにし、チームで成果を上げるような形です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ