三木泰雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三木泰雄のプロフィール

三木泰雄、みき・やすお。日本の経営者。「ヴイエムウェア」社長。大阪大学工学部通信工学科卒業後、日本電気(NEC)に入社。プロセス・CPGソリューション事業部長などを経てヴイエムウェア社長に就任。

「相手に質問される前に、こちらから相手がイエス、ノーで答えられるような質問をする」「ちゃんと伝わっていないと思ったら、もう一度別の言い方をしてみる」など、英語力が足りなければ補う工夫をすればいいので、それほど神経質になることはありません。


英語を使うのはネーティブだけではありません。中国人やインド人などネーティブではない人たちの英語は発音も聞き取りにくいし、文法的におかしな言い回しもたくさん出てきます。でも、それでちゃんとコミュニケーションが成り立っている。要するに通じればいいのです。


最初に結論を言って、そこからディテールに落としていくというのがアメリカ人のプレゼンテーション・スタイルです。ところが、日本人は細かいことをたくさん言って、最後に言いたいことに到達する。これではどんなに流暢な英語でも通じませんよ。相手の思考回路やカルチャーを理解し、それに合わせられることのほうが、英語力よりも数段大切なのです。


外国人の先生について英語を習ったこともありますが、それよりも私の英語力は、膨大な数の英文メールのやりとりや、毎日行われる英語による電話会議など、日々の仕事の中で磨かれていった部分のほうが大きいといえます。


日本人は通常中学と高校で都合6年間、それから大学で2年か3年英語を勉強してきているわけですから、コミュニケーションに必要な英語の知識は、すでにみな持っているはずなのです。それなのに英語ができないというのは、結局使う機会がないので、覚えたことをみな忘れてしまうからにほかなりません。だから、英語が必要な環境に行きさえすれば、基礎力はあるのですから、必ずできるようになると私は思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ