三島由紀夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三島由紀夫のプロフィール

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。


青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ