三喜俊典の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三喜俊典のプロフィール

三喜俊典、みき・としのり。日本の経営者。日新製鋼社長。福岡県出身。山口大学工学部卒業後、日新製鋼に入社。堺製造所勤務、薄板・表面処理事業本部商品開発部長、執行役員、常務執行役員、名古屋支社長、取締役常務執行役員などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

失敗を恐れる気持ちは誰にでもあるでしょう。私も若いころはとくにそうでした。ただ、若い時代に失敗することなしに、いいビジネスマンになることはできない。これを否定する経営者はいないはずです。


会社でも個人でも、自分の身の丈を理解して初めて、どうやったらさらに成長できるかと考えることができます。


絶対にやってはならないのは、自分の会社を過信することです。自分の会社に誇りを持つことは必要ですが、それが慢心になってはいけません。


会社が持っている現場力を有機的に結びつけて活用すると同時に、意思決定のスピードをより高めていくことが必要だと思います。経営環境が激変する現在では、重厚長大産業の代表ともいえる鉄鋼メーカーであっても、迅速な決断なくして生き残っていくことはできません。


製造の側にとっては当たり前のことが、販売の立場からするととても新鮮な情報で、知っているだけで販売に活きるということはあり得ます。その逆に、販売の情報が製造の改善に活用できることもあるでしょう。そうした有用な情報は、自分の現場だけに留まっていては決して得られません。積極的に「他人の庭(他部署)」に踏み込んでいくことが必要なのです。


失敗を恐れて何も残らない仕事をするよりも、少々の傷を負っても、自分の中に何かを蓄えていった方が、仕事はずっと楽しく、充実したものになるはずです。


「なくならないものを残そう」と考えて仕事に取り組むことをお勧めします。失敗なしに大過なく仕事をしたとしても、それでは「滞りなく仕事を終えた」という満足以上のものは残りません。しかし、何かを成そうと思って挑戦すれば、その結果失敗しても、確実に「何か」が残ります。それは「悔しさ」かもしれないし、次はこうやったらいいという「アイデア」かもしれない。それらの何かが次の挑戦の原動力になるのです。そうした経験を積み重ねていくことで、だんだんと大きな仕事ができるようになっていくものです。


意思決定のスピードを高めるというと、「それは経営の課題であって、現場とは関係がない」と理解する人がいます。しかし、それは違います。各現場の意思決定が下地にあって、それに経営が乗っかっているのが本当の姿です。ですから、現場で「何事もまずは上司に相談して」なんてやっていると、どんどん経営のスピードが落ちてしまう。現場の判断が、会社の決断のスピードに大きく影響することを理解してもらいたい。


現場主義というと、自分の現場のことだけに集中すればいい、と勘違いしてしまう人も多いのですが、製造や販売はもちろん、財務だって総務だって、皆それぞれが現場であるわけです。


慢心を避ける方法はいろいろあると思いますが、現場に行ってお客様の声をしっかり聴く、というのもそのひとつでしょう。かつて商品開発部長をやっていたとき、私はほとんど会社にいませんでした。直接ご意見をうかがうために、お客様のところに足を運ぶことが重要だと考えたからです。


販売の担当者が、自分の会社の価値を理解して、それをきちんと伝えられているかというと、まだまだ十分ではない点があります。日新製鋼という会社と自分の仕事がどんな形でお客様の役に立っているかを社員全員が再確認し、それをお客様や取引先の方々に伝えていくことが必要でしょう。


社長就任以来、ずっと言っているのは「日新製鋼という会社の存在感と存在価値をあげよう」ということです。弊社の商品そのものはコンビニで売っているわけではないし、テレビで宣伝をしているわけでもないですから、一般の方々の間での弊社の知名度は決して高くありません。でもそれは、考えようによってはビジネスチャンスになります。弊社のことを知らない人に知ってもらえば、いままで考えつかなかった変化が生まれる可能性があるわけですから。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ