三井高利の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三井高利のプロフィール

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

勤めを苦労と心得ては、おびただしき間違えに候。


商売は決断力を最も必要とする。見切ることによって、たとえ一時的な損失があっても、後日にいたってより大きい損失を受けるよりは良い。


主人は一家のことについては、上下大小の区別なく、すべてに通じるよう心掛けよ。


賢く有能な者を登用するよう最大の注意を払うこと。登用に当たっては、不平や怨嗟の声が上がらないようにせよ。


商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


同族の子供は、一定の年齢に達するまで奉公人と同様に扱い、番頭・手代の下で働かせよ。決して主人のような待遇をしてはならない。


単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。


堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ