一瀬邦夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

一瀬邦夫のプロフィール

一瀬邦夫、いちのせ・くにお。日本の経営者。「ペッパーランチ」などを運営する「ペッパーフードサービス」社長。静岡県出身。高校卒業後、赤坂の旧山王ホテルでコックとして修行。「キッチンくに」を開業し独立。その後、低価格ステーキ店「ペッパーランチ」を開業し同社を成長させた。

「相手が得し自分も得をする」という“利利関係”を築くことが成功の秘訣。


一方だけが得をする利害関係ではなく、お互いが利益を得られる“利利関係”が築けなければ、企業は存続することはできない。


難局を乗り切れたとき、会社は強くなる。大切なのは、ピンチのときの正確な判断。ギブアップでなく、確実に分析を行うこと。


上場した以上、既存店も含めて昨年対比売上高を伸ばしていくことが大切だ。仮に売上が下がったとしても、その理由を店のレベルが落ちたからということにはしたくない。


我が社も組織が充実し人材が育ってきましたが、現在はペッパー大学というものも設立して研修により力を入れています。ペッパー大学では「人が見てない時の行動にその人の価値を高める要素がある」と伝えています。今後は株式を公開したことで、さらに多くの優秀な人材が増えていくと思います。


一つの目的を正しくやると成功し、この成功を「やった!!」と喜ぶ笑顔。これを「正笑」といいます。私は正笑の志で従業員の皆さんにやりがいのある職場を作って店を任せて行きたいと思っています。


以前、私は人を育てることをせずに自分の力を過信していたため、ペッパーランチに危機が訪れたことがあります。この時、仕事を人に任す委託経営方式によって危機を乗り切ることができました。そこで私は、人を信頼し任せることが商売を繁盛させる上で大切なことなのだと気がついたのです。それ以来、従業員を信頼することを自分との約束にしています。


私は昔から山が好きで、登る価値のある山にはどんどん挑戦してきました。ところが最初から登らない人もいます。これは成功もなければ失敗もしません。もちろん登っていけば失敗するかもしれませんが、成功する可能性もあります。何より登っている途中で景色が変わるのです。


「ペッパーランチ」の業態が生まれたきっかけというのは「人手が足りない。特にコックに辞められたら困る」ということでした。仮に人手がなくてもなんとかして事業を継続できなければ、いつまで経っても安心できません。コックに頼ることなく美味しいステーキを提供するにはどうしたらいいか。そこで「特殊な鉄皿」と「電磁調理器」を組み合わせた新しいビジネスを考えたのです。通常ですと、鉄皿の加熱には5分もの時間がかかり、コックの手間もかかります。しかし、我々が開発した「特殊な鉄皿」と「電磁調理器」があれば、お客様が自ら焼いて食べることができます。コックの技をその場では必要としないことで人件費を抑え、お客様も自分好みに美味しく作ることができるという利利関係を成立させたことで、ペッパーランチはヒットしました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ