一圓克彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

一圓克彦のプロフィール

一圓克彦、いちえん・かつひこ。日本のコンサルタント、経営者。ディエスファインダ社長。大阪出身。製造業、福祉事業、IT事業、飲食業など大小7種の企業経営を行い、実践の中で得たノウハウを通してコンサルティングを行っている人物。リピーターやファン創出による利益率の改善、離職率の低減、営業支援などを専門としている。主な著書に『0円で8割をリピーターにする集客術』など。

インターネットだから簡単、もしくは困難といった偏見は捨てるべきです。ネット市場もリアル市場も最終的に顧客の求めるものは同じなんです。


インターネットという幻想に惑わされてはいけません。eコマースといえども、結局介するのは人です。ネット上にいかにリアルな人が介在するサービスを提供できるかが重要です。


単なる開発・技術者ではなく、高いコミュニケーション能力を有し、あらゆる角度・視点からものごとを見据え、お客様とともに自発的にビジネスを生み出す力を持った人材を育成することに専念しています。知識武装ばかりでコミュニケーション能力が欠落していては意味がありません。現場でのリアルタイムな対応や、より理想に近いシステムを開発するためには、やはりコミュニケーション能力は不可欠です。


当社はITソリューション会社というよりサービス会社ですね。サービス提供後、どのような運用を行い、どのような手法で利益貢献ができるのかというところまでを提案・提供するのが、当社の課題であり、使命です。


SNSは人とつながるツールなので、売り込みに使うのはNG。商売の話ばかりをしていると、「また売り込みだ」と周囲をうんざりさせます。ネットだと相手の顔が見えず、ついずうずうしく振るまいがちなので注意が必要です。


メルマガは毎日発行が望ましいですね。ほとんどのメルマガはタイトルだけチラ見してゴミ箱行き。でも、それでいいのです。読者に自分の存在をちらりと意識してもらえれば、それが次のビジネスにつながります。


起業するとき、企業ホームページはプロの制作会社に任せた方がいい。素人が作ったホームページは、クオリティの低さが一目瞭然です。これでは、読者も不安になってしまうでしょう。また、独立直後は本業に集中したい。ホームページ作りに時間を費やす余裕などないのが普通です。


やりたいことが明確でない人は、ブログで独立への思いをつづるといいですね。人は、一生懸命な起業家を応援したくなるもの。起業前に悪戦苦闘したしるしであるブログ記事は、将来のあなたにとって、強力な営業ツールになります。


俗に「商品2割の売り8割」といわれます。多くの起業家は商品やサービスの質で勝負しようとしますが、実は、そこでは大きな差はつきません。むしろカギを握るのは、自社の商品・サービスの存在を効果的に伝える力。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ