ワシントン・アーヴィングの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワシントン・アーヴィングのプロフィール

ワシントン・アーヴィング。19世紀のアメリカの作家、弁護士、外交官。15世紀スペインに関する本や、ジョージ・ワシントン、ムハンマドなどの伝記を書いた。「ジョフリー・クレヨン」「ディートリヒ・ニッカーボッカー」「ジョナサン・オールドスタイル」などのペンネームも用いた。ティム・バートン監督制作の映画スリーピー・ホロウの原作となった『スリーピー・ホロウの伝説』の著者

心の狭さは逆境に手なずけられるが、心の広さはそれに打ち勝つ。


良きにつけ、悪しきにつけ、変革にはある種の救いがある。


今日の英雄は、我々の記憶から昨日の英雄を押しのけてしまうが、やがて明日の後継者に置換される。


変化は人にある種の安堵感を与える。たとえそれが事態のいっそうの悪化を招くものであったとしても。駅馬車で旅をしていて気がついたのは、環境を変えて新しい場所でボロボロになることに快適さを見出す場合も少なくないということである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ