ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・ルイス・スティーブンソンのプロフィール

ロバート・ルイス・スティーヴンソン。ロバート・ルイス・バルフォア・スティーブンソン。イギリス、スコットランド生まれの小説家、詩人、エッセイスト。エディンバラ大学土木工学科入学後、法科に移り弁護士資格を取得し卒業。生まれつき体が弱く各地を転々としながら多くの冒険小説を残した。主な作品に『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『バラントレーの若殿』『プリンス・オットー』『難破船』『南海千夜一夜物語』『誘拐されて』など。

誰でも、今いる場所にたどり着くためには、かつていた場所から歩き始めなければならなかった。


我々の務めは成功にあらず。失敗にたゆまずして、さらに前に進むことにある。


多忙は生気が欠乏する兆候である。そして、怠ける能力は大いなる嗜好欲と、強い個性の意識とを意味する。


我らの目的は成功することではなく、失敗してもたゆまず進むことである。


希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。


どんな重荷も夕暮れまでならだれでも背負える。どんなにきつい仕事でも一日だけならだれにでもできる。日が沈むまでなら誰でも優しく辛抱強く愛に満ち溢れ、純粋に生きることができる。これこそ人生というものだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ