ロバート・キャンベルの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・キャンベルのプロフィール

ロバート・キャンベル。アイルランド系アメリカ人の日本文学者。東京大学教授。専門は近世文学・明治文学。ニューヨーク出身。カリフォルニア大学バークレー校卒業、ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了、文学博士号(日本文学専攻)取得。28歳で九州大学へ研究生として留学。その後、九州大学文学部講師、国文学研究資料館助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授などを経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文化研究室教授となる。

肩の力を抜いて、自分が「おもしろそう」だと思う分野から学べばいい。


知識をただ身につけるのではなく、自分の考えや感想などを絡めて話せるようになるといい。


私は、自分の分野で足場を固める一方で、異分野の人と語り合う機会を積極的にもち、自分の可能性を広げるようにもしてきました。それはいまでもやっていて、テレビ番組に出演しているのも、じつはそのためなんです。


いまの若者をみていると、「自分らしさ」にこだわって、可能性を自ら閉ざしてしまっている気がします。若いうちの「自分らしさ」は毒にもなるのです。


30代というのは、ひとつひとつの選択が人生全体を大きく左右することになる時期です。だから、自分のキャリアビジョンを冷静に描くことはすごく大切だと思います。ただ同時に、小さくまとまらないで、ときには一度描いたキャリアビジョンを上書きしていく勇気ももってほしい。


日本留学以降、大学で講師をやりながら、少ないお金と時間を使って自分の研究をし、日本語で論文を書くという日々を続けました。当然、不安も失敗もたくさんありましたよ。でも、幸いオリジナリティーのある論文をいくつか発表することができ、30代後半からは憧れの場所だった国立・国文学研究資料館で働くこともできました。いま振り返ると、私の30代は細かい成果を少しずつ積み上げつつ、自分の足場を必死に固めていった10年だったように思います。


留学当初は日本でずっと研究を続けるつもりはなく、一年後にはハーバードに戻って博士論文を書こうと思っていました。ところが九州にいってすぐに、自分がそれまで築き上げてきた学問の足場が、音を立てて崩れてしまったわけです。正直、パニックでしたし、偏頭痛にもなりました。ハーバードの指導教授や家族は、盛んに「早く帰ってこい」といってきます。でも私は、「このままではとても帰れない」と思い、日本に残ることにしたのです。


28歳で九州大学に留学したとき、ある神社の書物を整理して目録をつくることを命じられました。何千冊もある書物一冊一冊について、大きさを測り、綴じ方を調べ、ページ数を数え、中面を撮影し……といったことを地道にやっていくのです。最初に思ったのは、「考古学研究をやるために日本にきたわけではない」ということでした。当時の私は、本の「中身」を研究するのが文学研究だと思い込んでいましたから。でも、しばらく続けているうちに、本の「形や外見」と「中身」は密接にリンクしている、ということがみえてきたんです。


教養を身につける時にも、どこから手をつけたらいいか戸惑う人は多いでしょう。私の場合、その分野がどのように体系づけられているのか、という全体像を知ることから始めます。例えば浮世絵なら、そもそも浮世絵とは何か。他の日本画とどう違い、どういった背景で広まったかなど、ツイッターに書き込むつもりで140文字以内にまとめ、1~2分で説明できるようにする。まずは膨大な情報をシンプルに削ぎ落とし、全体像を掴むわけです。その中から興味ある作品の知識を掘り下げましょう。その作品の歴史的背景なども分かり、理解が深まりやすく、面白みも増します。


知識はすぐ身につきますが、それを繰り返し学び直せば、自身の血肉になります。学んで考え、また忘れた頃にふと思い出して考え、学び直す。3年後、5年後、10年後といった中長期で見た時に、どこかでふと「人間性」「物事を俯瞰して見る力」が増していると感じるものです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ