ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインのプロフィール

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。哲学者。オーストリア・ウィーン出身。イギリス・ケンブリッジ大学で航空工学や数学を学んだのち、論理学を学ぶ。小学校教師、修道院庭師などを経てケンブリッジ大学に復学し哲学研究を行った。その後、ケンブリッジ大学教授を務めた。

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


良心とは認識の生が保証する幸福のことだ。認識の生とは、世の中の苦しみにもかかわらず幸福であるような生のことだ。世の中の楽しみを断念しうる生のみが幸福なのだ。世の中の楽しみは、この生にとって、たかだか運命の恵みにすぎない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ