リルケの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

リルケのプロフィール

ライナー・マリア・リルケ。オーストリア生まれのドイツ語詩人。プラハ大学、ミュンヘン大学などで学び、詩作に励む。詩のみならず『マルテの手紙』『神様の話』『プラハの二つの物語』などの小説を残した。バラのとげに刺された傷がもとで白血病となり51歳でこの世を去る

結局夏は来るのです。だが夏は永遠が何の憂いもなく、静かに広々と眼前に横たわっているかのように待つ辛抱強い者にのみ来るのです。私はこれを日ごとに学んでいます。苦痛のもとに学んでいます。そしてそれに感謝しています。忍耐こそすべてです。


およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。その樹液の流れを無理に追い立てることなく、春の嵐の中に悠々と立って、そのあとに夏が来るかどうかなどという危惧を抱くことのない樹木のように成熟すること。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ