リチャード・ニクソンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

リチャード・ニクソンのプロフィール

リチャード・ミルハウス・ニクソン。アメリカ第37代大統領。デューク大学ロースクール卒業後、弁護士の職に就く。その後、共和党の政治家となり、下院委員、上院議員、副大統領などを経てアメリカ大統領に就任。ベトナム戦争からアメリカ軍の完全撤退を行った。そのほか冷戦状態だったソ連との関係改善、中国との国交樹立、環境保護局設立など大きな実績を残すも、ウォーターゲート事件により辞職に追い込まれ、唯一任期中に辞任したアメリカ大統領となった。

成功に満足してはならないし、失敗に落胆してもならない。失敗は悲しいものだが、最大の悲しみは、挑戦して失敗することではなく、まったく挑戦しないことである。


私は生涯で初めて、肉体的にボロボロになり、感情も枯れ果て、精神も燃え尽きていた。このときだけは、これまで耐えてきた他の危機の場合と違って、生きる理由も、戦って守るべき大義も見出すことができなかった。人は自分自身以外のもののために生きる理由を持たなければ、始めは精神に、次いで感情的に、さらに肉体的に死ぬ。
【覚書き|ウォーターゲート事件で大統領辞任に追い込まれた当時を振り返って語った言葉】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ