モハメド・アリの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

モハメド・アリのプロフィール

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。


チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ。


チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。そしてその意志力が技に勝っていなくてはならない。


50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。


友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ