マーク・トウェインの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーク・トウェインのプロフィール

マーク・トウェイン、米国の小説家。「トムソーヤの冒険」などで知られる。当時最も人気のある作家だった。辛口なエッセイにも定評がある。アメリカを代表する作家

アダムはリンゴがほしかったから食べたのではなかった。禁じられていたからこそ食べたのだ。


人間とは、顔を赤らめる唯一の動物である。いや、そうしなければならない唯一の動物である。


相手に気に入られる最上の方法は、あなたが聞いた通りに、相手が語ったことを再び語ることだ。


人間は顔を赤らめる唯一の動物である。あるいは、そうする必要のある唯一の動物である。


投資した金の利益率よりも、投資した金が返ってくるかどうかのほうが気になる。


人生で必要なものは無知と信頼だ。これらがあれば成功は保証される。


嘘というものは、真実が靴を履いている間、地球を半周は旅することができる。


「卵は一つのカゴに盛るな」と愚かな者は言う。これでは「金を分散し、注意を分散させよ」というに等しい。賢者は言う。「卵は一つのカゴに盛り、そのカゴをよくよく見守れ」と。賢者は投機を戒める。「人生には投機に手を出すべきではない時期は二つある。投機に回せる金がないときと、投機に回せる金があるときだ」と。そして、投資家としての失敗を嘆く。「投資機会を見つけ出せるのはたいてい、機会がなくなってからだ」と。 【覚書き|1894年に出版した「ノータリン・ウィルソンの悲劇」より】


10月は、株式投機にはとくに危険な月である。それ以外に危険な月は、7月、1月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月である。


銀行家というのは、太陽が照っている時に自分の傘を差しだし、雨が降り始めるやいなや傘を返せというようなやつだ。


それは十日間の仕事だ。そして、何かが壊れなければ5日で終わるだろう。


カエルを二匹飲み込まなければいけないときは、大きいほうから飲み込むこと。それと、あまり長いあいだ見つめないことだ。


一つの体験からすべてを見ないよう注意しなさい。熱いレンジの蓋に座った猫にならないよう。その猫は二度と熱いレンジの蓋に座らないだろう。だが冷たいレンジの蓋にも二度と座らない。


しつけとは自分のことをどれほど多く考えているか、他人のことをどれほど考えていないかを隠すことである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ