マーガレット・サッチャーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーガレット・サッチャーのプロフィール

マーガレット・ヒルダ・サッチャー。イギリス初の女性首相。首相在任中に様々な改革を行う。フォークランドにアルゼンチン軍が侵攻する事態が勃発し、即座に軍を派遣しアルゼンチン軍を撃破。保守強硬な政治スタンスから鉄の女やアッティラ(5世紀にロシア・東欧・ドイツ北部に大帝国を築いたフン族の王)と称された。オックスフォード大学では化学を学んだ。

成功とは何か。それは、自分がやっていることに才能があること。そしてまだ十分でないということをわかっていること。一生懸命に働き、確かな目的意識を持っていなくてはならないということを知っていること。これらをすべて併せたものだと思います。


懸命に働かずしてトップに立った人など、私は一人も知りません。それがトップに立つための秘訣です。必ずしもそれでトップになれるとは限りませんが、かなり近いところまでは行けるはずです。


我々は、決して、後戻りはしないのです!
【覚書き|フォークランド紛争終結後の発言】


パワフルであるということは女性であるということと同じようなものです。もし、自分で自分がそうだって言わなくてはならないようなら、そうではないということです。


人命に代えてでも我が英国領土を守らなければならない。なぜなら、国際法が力の行使に打ち勝たなければならないからだ。


言ってほしいことがあれば、男に頼みなさい。やってほしいことがあれば、女に頼みなさい。
【覚書き|男性には強力な発言権があるが、女性には高い実務能力あるという意味合いの言葉】


我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。


私はコンセンサス(関係者の意見の一致をはかること)というものは、さほど重要なものであるとは思いません。あれは時間の浪費の原因のようなものですから。


家庭の問題を理解できる女性なら誰でも、国の問題も理解できるところの近くにいます。


心がやさしいだけだったら、誰一人として善きサマリア人のことなど覚えていなかったでしょう。彼にはお金もあったのです。
【覚書き:善きサマリア人=聖書ルカによる福音書第10章第29節に出てくる人物。行き倒れの人を介抱し、見返りを求めず名前も言わずに去って行った陰徳の人】


英国政府はもはや、みなさんの面倒を見ることができません。どうか自分の足で立ってください。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ