マックス・ヴェーバーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

マックス・ヴェーバーのプロフィール

マックス・ウェーバー、カール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー。ドイツの社会学者、経済学者。ハイデルベルク大学、ベルリン大学で法律学、経済史を学ぶ。ベルリン大学ローマ法と商法講師を経て、フライブルク大学経済学教授となる。『職業としての学問』『職業としての政治』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』『支配の社会学』そのほか多数の著作を残した

歴史的に重要な合理性ほど、非目的で非合理的なものに支えられて誕生している。


政治の本質は権力である。政治、すなわち手段としての権力と強制力に関係する人間は、悪魔の力と契約を結ぶものである。


生きることは病であり、眠りは緩和剤、死は根治療法である。


資本主義の精神の生みの親は、どの時代にも見られる命知らずの厚顔な投機家や冒険者たち、あるいは端的に大富豪などではなく、むしろ厳格なしつけのもとで成長し、厳格に市民的なものの見方を身につけて熟慮と断行を兼ね備え、とりわけ冷めた目で、またたゆみなくものごとに打ち込んでいくような人々である。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ