ポール・ヴェレーヌの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・ヴェレーヌのプロフィール

ポール・マリー・ヴェレーヌ。19世紀フランスの詩人。フランス印象派を代表する詩人。破滅的な人生を生き、540篇にも及ぶ詩を残した。貧しさの中、51歳で死去

希望は日光に似ている。つまり、どちらも明るさだ。ひとつは荒んだ心の清い夢となり、ひとつは泥水に金の光を浮かべてくれる。


生きることにも疲れ果てて死ぬのはなおさら恐ろしく、漂流する小舟さながら、波のまにまに打ち揺れて魂は船出する。悲しい難破へ船出する。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ