ポール・ヴァレリーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・ヴァレリーのプロフィール

アンブロワズ=ポール=トゥサン=ジュール・ヴァレリー。フランスの作家、詩人、小説家、評論家。フランスの第三共和政を代表する知性と称えられた人物。世界最古の医学部を持つフランスのモンペリエ大学法学部卒。フランスの国立高等教育機関コレージュ・ド・フランスで詩学の講義を行った。戦後フランスで初めて国葬された人物。『若きパルク』『レオナルド・ダ・ヴィンチの方法序説』

人間の本能は善である。なぜなら人間は忘れっぽく、怠け者で、軽々しく信じ、浅薄であるからである。


理想とは、不満の意を表現する方法のことである。


自分の夢を書こうと欲するものは、かえって目覚めていなければならない。


世の中には創造する天才がいるように、探す天才もいる。書く天才がいるように、読む天才もいる。


狼は、草に依存する子羊に依存している。草は、狼のよって守られている。肉食動物は、草木を保護するが、草木は間接的に肉食動物を養っている。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ