ヘンリー・フォードの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘンリー・フォードのプロフィール

ヘンリー・フォード。米国の起業家。「フォード・モーター」創業者。自動車で巨万の富を築き自動車王と呼ばれた。見習い機械工から身を起こし、ガソリンエンジン技術者を経て発明家エジソンの照明会社へ入社。その後、4輪自動車の制作に成功。T型フォードを量産し、自動車の普及に貢献した。

これからするつもりのことでは評判は築けない。


集まればことが始まり、共にいれば進歩があり、共に働けば成功がもたらされる。


恐れるべき競争相手とは、あなたを全く気にかけることなく自分のビジネスを常に向上させ続ける人間のことを言う。


みんなは自分たちが何を望んでいるのか、こちらが言うまでは大抵わからないものだ。


進歩と歩調を合わせて進む方が、進歩を妨げるよりも健康的である。


私はいままでどんな人でも採用してきたし、一度採った者は絶対に解雇しない主義でやってきた。車をつくるのではなく人間をつくるつもりなのだ。解雇は絶対にしない。
【覚書き|大不況を解雇なしで乗り切ったときの発言】


成功に秘訣というものがあれば、それは他人の立場を理解し、自分の立場からも物事を見られる能力である。


どんな企業でも、お金を必要とするときが危険なのではなく、成功して楽に資金が調達できるようになったときこそ、危険なのである。


若者は、自分を人と違ったものにする個性の種を一つでも探し出して、全力を尽くして育て上げることだ。社会と学校はこの種を奪い、誰も彼も一まとめに同じ鋳型に押し込めようとするだろう。だが、この種を失ってはいけない。それは自分の価値を主張するための、ただ一つの権利だから。


現代の悩みは、人が自分のために何かをしてくれるものと期待している人間が多すぎることだ。今日の大部分の問題の解決は、自分で何かをする一人一人の中に見出される。


努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。


たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。


奉仕を主とする事業は栄る。利得を主とする事業は衰える。


あら探しをするよりも改善策を考えなさい。


汽車のように早く、そして馬のようにどこへでも走れる乗り物が欲しい。


財産は来るもので、作るものではない。


今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。


利益以外生み出さない企業は、好ましくない種類の企業である。
A business that makes nothing but money is a poor kind of business.


学び続ける人は、たとえその人が80才でも若いと言える。逆に、学ぶことをやめた人は、20才でも年老いている。人生で最も素晴らしいことは心をいつまでも若く保つということだ。


将来を恐れるものは失敗を恐れておのれの活動を制限する。しかし、失敗は成長に続く唯一の機会である。まじめな失敗は、なんら恥ではない。失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む


障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。


成功の秘訣というものがあるとすれば、それは、常に他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立ち場からものごとを見ることのできる能力である。


何が可能で、何が不可能か、はっきり言い切れる人はいない。


もし世界から五十歳以上の人たちの経験と判断をすべて取り除いてしまったら、世界を動かす脳も才能も残らないだろう。


もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。


年寄りは若いときに貯金をしろと言うが、それは間違っている。最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。自分に投資しなさい。私は40歳になるまで、1ドルたりとも貯金したことがない。(覚書き|フォード氏は貯蓄の代わりに自分自身と、自分のビジネスに投資し続けた)


想像できることなら、誰にでもどんなことでもできる。


自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。


結果がわかっていなくても前進することだ。やってる間に結果もでよう。


あわてると何一ついいことがない。一直線に目標だけを見なさい。障害が目に入らないように


あなたが「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい。
Whether you believe you can do a thing or not, you are right.


市場が良い商品で飽和することはないが、すぐに悪い商品で飽和する。


お金しか生み出さないビジネスとは、粗悪なビジネスである。


少ない動きと少ない労力で作業を行おうとしたとき、それに反対したのは職工たちであった。その検討が単に労力を減らす目的とわかっていても、彼らを最も困惑させたのは、新しいやり方によって、それまですっかり馴染んだやり方が変更されることにあったのだ。


本人ができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもその人が思ったことは正しい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ