バーニー・エクレストンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

バーニー・エクレストンのプロフィール

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

例えば、誰かがキミに頼み事をしてくるとしよう。まず、絶対にノーとは言わないことだ。応えられないことがわかっていてもだ。なんらかの利益をもたらしてやれば、それ以降、彼はキミに協力的になるはずだ。


これは金儲けのビジネスではなく、大損をするもの。私は(FOMの)理事会から叱責を受けるだろう。(覚書き|トルコGPが行われるサーキット場イスタンブールパークを買収した時の言葉)


良いマシンさえ与えれば優勝する事が出来るだろう。


中東ではバーレーンとアブダビで2つのグランプリが開催される。他にも候補があり、2009年には20GPになるかもしれない。


ヒトラーは実行力のある指導者だったが、優れた独裁者ではなかった。犯罪に手を染めるまでは、非雇用対策や経済問題解決に尽力して成功を収めていた。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ