ネルソン・ロックフェラーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネルソン・ロックフェラーのプロフィール

ネルソン・ロックフェラー、米国の政治家。第41代アメリカ副大統領。ニューヨーク州知事。ロッキーの愛称で親しまれる。石油王ジョン・ロックフェラーの孫

私たちは父(石油王ジョン・D・ロックフェラーの息子ロックフェラー2世)から週25セントもらい、その他のお金は自分たちで稼がなくてはなりませんでした。私たち兄弟は常に働いて稼ぎました。


私の考えでは、創造するということ、創造性を開花させる教育、創造の関係など、人間が持っている優位性はこの世界がどんどん機械的になっていく時、また人々が政府や社会から阻害されていると感じている時に特に必要なのです。


世界の貧しい人々を助けるためには、諸国民に税金を課す力をもった自由世界の超国家的な政治組織が必要である。


アートは私の精神生活を満たし、どの分野でも年齢に関係なく観察し、理解し、楽しみ、健全な考え方を持たせてくれる私の暮らしの源になっています。


諸君は我々(ロックフェラー家)が経済的にとてつもない支配力を持っているとお考えかもしれないが、そんなものは存在しない。我々は投資の対象を持っているが、支配権は持っていないのだ。


成功への秘密は、何も持たないことであるけれども、すべてをコントロールしてください。


人生には三つの段階がある。青少年期、中年期、そして「まあ、何てお元気な」と言われる時期。


「ボクはいいよ。ボクの代わりにパパにやってもらう。なぜってパパの方が手が大きいもの」(覚書き|ある駄菓子屋が、ネルソン・ロックフェラー少年にお菓子を一掴み分クリスマスプレゼントとしてただであげようといった。これを聞いたネルソン・ロックフェラーの答え。自分が不得意な分野や、自分よりうまくできる人がいたらその人に仕事をやってもらうというリーダーの在り方をあらわしている)


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ