トマス・エジソンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

トマス・エジソンのプロフィール

トマス・エジソン、トーマス・アルバ・エジソン。アメリカの発明家、起業家。オハイオ州出身。小学校を3か月で中退。その後、働きながら学び、数多くの発明を生み出し発明王と呼ばれた。1500品以上もの発明品を開発。発明するだけにとどまらず、製品化、産業化まで行い巨万の富を得た。

こんな大きな火事にお目にかかる機会はめったにないから、じっくりと見ておくがよい。
【覚え書き|自分の研究所と工場が大火事で焼失したときの発言】


99%の汗が実るのは、1%の閃きを大切にしたときだ。


技術的に優れているだけでは、優れた発明ではない。他人が欲しがる技術が優れた発明なのだ。つまり重要なのは、有用性だ。有用性を持った発明をつくりださなければならない。


成功のために汗も努力も欠かせない。だが無目的の努力だけでは大海をさまよう小船のごとく、あるいは密林の中を迷い続ける迷子のようにいつか力尽きる。ときどきでいい、閃きを考えてみてくれ。それが羅針盤となって方向を示してくれる。


私の言葉が誤解されてしまったようだ。99%の汗ばかり強調されている。汗を流せば何でも成功すると思うのは間違いだ。私は1%の閃きといったはずだ。1%の閃きを無視してはならない。


幸運は、チャンスと準備が一致したときに実現する。


頭は筋肉と同様、鍛えるほど強化される。


私にとって仕事は楽しみだ。義務と思ったことは一度もない。自分が楽しいと思ったことをさせてもらったので義務ではない。人間にとって、考えながら働くことほど楽しいことはない。楽しいから疲れるわけがない。


もし自分が正規の教育を受け、一流大学の学士あるいは博士の資格を持っていたならば、きっと理論に自信を持っていたに違いない。理論に自信があれば、2つのものをつなげたら何が起こるか、理論で結果を想定するだけで、何もしなかっただろう。だが幸か不幸か、私は何の学歴もない。だから、何でもやってみなければ分からないではないか。それで私は何でもつなげてみた。そうしたら、信じられない面白いことがいっぱい起きた。それが私の発明の秘訣だ。


親が子供の心に情熱を残してあげることができたら、それは最高の形見になるだろう。子供は素晴らしいエネルギーをもって人生に取り組むことができるからだ。


私は運なんて信じちゃいない。幸運も不運もだ。たいていの連中は何回か試すと諦めてしまう。だがこの私は狙った結果が出るまでは絶対に諦めない。


君は道理にかなったことばかりを試してきた。理屈通りのことなど役に立ったためしがない。幸い君はもう理屈にかなうことを思いつかないわけだろ、だったら今度は筋の通らないことを試してみることだ。そうすればすぐに解決法が見えてくる。


懸命に働いている者は、決して歳をとるということはない。私は、自分の葬式の日をもって、人生からの引退の日とする。


私は売れないものは発明したくない。需要は実用性を立証するものであり、実用性こそ成功である。


我々の最も大きな弱点は、諦めることにある。成功するための最も確かな方法は、常にもう一度だけ挑戦してみることだ。


朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。大抵の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ。眠ることは時間の浪費に過ぎない。


問題は君の考え方の方にあるんだよ。自然界の秘密を解き明かすのに、人間の理性に頼っていては駄目だよ。大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。尤もらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。


チャンスがドアをノックしてもほとんどの人が気づかないのは、チャンスがたいてい作業服を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ。落ち着きのなさや欲求不満は、進歩にとって最初の必要不可欠なものである。


私は実験において 失敗など一度たりともしていないこれでは電球は光らないという発見を いままでに、2万回してきたのだ。私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。なにをやっても楽しくてたまらないから。


なぜ成功しない人がいるかと言うと、それは考える努力をしないからだ。ほとんどすべての人間は『もうこれ以上アイデアを 考えるのは不可能だ』という所までいきつき、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに。不満は進歩するために一番初めに必要なもの。


「時計を見るな」これが私の、若い人々におくりたい、ただ一つの言葉である。時計は必需品ではあるが、仕事をしている最中、研究をしている最中に時計を見るようでは、良い仕事は出来ない。


ここには規則なんてものはない。何かつくればいいんだ。
【覚え書き|研究所の新入社員に「規則はないんですか?」と聞かれたときの発言】


もし両親が、子供の心の中に「情熱」を残してあげることができたら、それは貴重な財産になるに違いない。


すべての進歩、そしてすべての成功は、考えることから始まる。


いつでも必ず、もっとよいやり方がある。それを探せ。


私は正規の教育を受けられなかった。学歴はゼロなんです。だから、発明家として成功したのでしょう。


何があっても支えてくれた母がいたから、いまの私がある。母だけは何があっても、あるがままの私を理解してくれた。どんなに苦しいときでも、母を喜ばせたくて私は努力を続けることができた。すべて母のおかげだ。


私は耳がよく聞こえない。でもそのために不利になったことはない。むしろ雑音が聞こえなくなって、集中力が増してよかった。
【覚書き|小さいころから難聴であることについて語った言葉】


チャンスは衣を被ってやってくる。だから見逃してしまうのだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ