デービッド・アーカーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

デービッド・アーカーのプロフィール

デービッド・A・アーカー。米国の経営学者、コンサルタント、ブランド論の権威。カリフォルニア大学バークレー校ビジネススクール名誉教授。プロフェット・ブランド・ストラテジー社副会長。日本の広告代理店電通の顧問。ブランド論の第一人者。ブランド・ポートフォリオ戦略、ブランド・エクイティ戦略などを提唱した。主な著書に『ブランド・エクイティ戦略』『カテゴリー・イノベーション – ブランド・レレバンスで戦わずして勝つ』『戦略立案ハンドブック』『ブランド優位の戦略』『ブランド・リーダーシップ』『シナジー・マーケティング』など。

企業ブランドや、商品・サービスのブランドに対する社員の意識を高めながら変革を進めるときには焦りは禁物です。ゆっくりでも、着実に社内の信頼を勝ち取る啓蒙活動を地道に進めなければなりません。


社内の経営改革に一番役立つのは、CMO(最高マーケティング責任者)のような、市場の調査・分析や商品開発、価格設定、ブランド構築など、消費者の対応にしか必要なさそうな専門職です。


商品やサービスだけでなく、その会社で働いている社員の態度も含め、企業に関わる全てがタッチポイント(ブランドと顧客との接点)になりえます。そこでの対応が、触れた者に蓄積し、企業ブランドになっていくのです。


社員一人一人の理解を深めることが、強いブランドづくりにつながります。ブランドと人との関係、すなわちブランドと消費者やクライアント企業の担当者との関係は、ブランドと人とのすべての接点で生じているのです。


説得力、専門知識、大局観など、CMO(最高マーケティング責任者)に求められる資質は非常にたくさんあります。人柄も重要です。組織の風通しを良くすべく、社内に敵をつくらないようにしなければならないし、好き嫌いで人を異動させたりするなどご法度です。新時代のCMOに求められる役割は、マーケティングの専門チームを率いる企業の変革の担い手です。


マーケティング責任者は、経営者にブランドのイメージやブランドの素晴らしさをただ情緒的な言葉で説明するのではなく、企業経営になぜブランド構築が役に立つのか、ブランドによって何が企業にもたらされ、どのような利益成長できるかを、定量的な分析を加えながら、論理的に語れなければなりません。


CMO(最高マーケティング責任者)とは、文字通りマーケティングを仕切る最高責任者のことです。しかし、CMOはそれにとどまらず、縦割り組織に風穴を開け、組織をよくするキーパーソン足り得るのです。会社をあげてブランドを構築するにあたり、組織をひとつまとめる当事者になるのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ