テリー伊藤の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

テリー伊藤のプロフィール

テリー伊藤、てりー・いとう。日本の演出家、テレビプロデューサー、タレント、評論家。東京都築地出身。日本大学経済学部卒業後、寿司屋やアパレルメーカのアルバイトを経て、IVSテレビ制作に入社しテレビ番組制作に携わる。奇抜な企画を手掛け、徐々に頭角を現し、数多くのヒットバラエティ番組を生んだ。主なテレビ番組に『天才・たけしの元気が出るテレビ』『ねるとん紅鯨団』『浅草橋ヤング洋品店』『出動!ミニスカポリス』『まっ昼ま王』『純愛果実』『給与明細』など。そのほか、作家、テレビのコメンテーターとしても活躍した。

逆転は座して待っているだけでは起こり得ない。当然、今こそやっておくべきことがある。それは逆転のための準備。花を咲かせるための準備だ。


遅咲きの人たちの共通点は、才能に勝る努力家であること。諦めないこと。そして「成功する自分」をイメージしていたこと。


年齢なんて気の持ちようでどうにでもなる。


ヒットの源流というのは、実は流行というよりも普遍性。


隣に引っ越してきてほしくない人ほどテレビに出せば面白い。


私が長年携わってきたテレビの演出という仕事は、出演者たちの良さを引き出すことに尽きる。


結局のところ、その相手がいい仕事をしてくれるようになればいいわけで、叱るか叱らないかの問題ではない。


その人を叱るよりも先に、その人の良さを引き出すためにはどうすればいいかをもっと考えてあげればいいんじゃないの?


強い個性や欠点が、あるとき、武器となって輝き始める。


叱るのが苦手という人は、叱る前に相手の良さを引きだそう。


俺が「コラ、廊下を走るな」って叱ったら俺が廊下を走れなくなるじゃん。俺はいつだって廊下を走りたいんだよ。俺は怒るよりも怒られる人間でいたい。


誰かをもっともらしく叱るというのは、自分の感性を鈍らせること。


「ああしろ、こうしろ」と言ったって、いいものは絶対に生まれないし、「あれをするな、これもするな」と禁止事項を並べていては伸びる人も伸びない。


頭がいい人や技術的な能力が高い人、才能が旺盛な人はいくらでもいる。しかし、そこで勝ち残っているのは、間違いなく肉体が強い人だ。


大切なのは、自分が置かれたポジションをどうポジティブに語れるかということ。


日常生活の楽しさを忘れてしまっては、楽しい番組作りなどおぼつかない。


シケた顔してるからダメなんだよ。「よっしゃ! これからガンガンいったるぞ!」って言ってると、本当にガンガンいけるようになるんだよ。


自分の中に眠っている魂を表に出すのが企画。


企画書は本数を重ねると上手くなるからいっぱい書いたほうがいい。そして、そこには自分だけのオリジナリティを入れることが大切。


「ライバルに恵まれると、その選手は伸びる」というのはスポーツ界の鉄則だ。もちろん、ほかの世界でもそれは同様である。しかし、誰が見てもわかるようなライバルだけでなく、意外なところにライバルを定めることが偉業を生むことがある。


人間、キャリアを重ねると冒険をしなくなる。それは若い人でも同じことだ。年数の長さに関わらず、実績とともに自分のスタイルができてくると、それをもとに考えたり、行動することしかできなくなる。それでは、何も新しいことを生み出せない。


凡人は昔の自慢話をする。しかし、天才は昔の自分に興味がない。


いま自分が優先すべきことは何か。それさえ間違わなければ、仕事も人生も上手くいきます。大事な分岐点に立たされたとき、有事のとき、ここ一番の勝負所、どんなときでも優先順位を的確に判断できる人間こそが、勝利を手にするのです。


自分が手に入れたものを捨てるというのは、確かに怖いことだ。しかし、捨てたときに何かを手につかまないでいるのは、もっと怖い。だから、必死で何かをつかもうとする。それでこそ、次の何かが手に入るのであって、この間の恐怖感が実は面白い。この面白さに一度気がつけばしめたもの。そうなると、捨てることへの恐れを振り払って、次のステップに踏み出していける。


自分が持っているものを捨てる。そうすることによって、はじめて新しいものを手に入れる。手にしたものを捨てられない人は、新しいものには出会えない。新しい女性に出会うためには、前の恋人と別れなければいけないのと同じように、昨日の自分を捨てなければならない。


昨日の自分を信じない。昨日の自分が好きじゃない。昨日の自分に興味がない。何かを成し遂げようというとき、これはとても大切なことだ。何かを成し遂げるためには、延々とその場で粘ることが大事だと思われがちだが、じつはそうではない。自分を成長させるためには、昨日の自分のままではいけないのだ。


「昨日の自分に興味がない」というのは天才の条件のひとつだ。天才は基本的に昨日の自分を信じていない。たとえ昨日、何を成し遂げようとも、昨日の自分をみんなが賛美しようとも、本人はすでに興味がない。もう「次」を見ているのだ。


「不満なことは、これとこれ。でも、幸せなことはこれとこれ」。その割合が「幸せ51:不満49」であれば、人間相当ハッピーだ。


批判ばかりしている人間は、いつも不平不満を言っている。仕事や上司や会社の愚痴を言って酒を飲んで暮らしている。それよりも、不満の優先順位を変えてみたらどうだろうか。つまり、「今日は嫌な仕事をやらされたけど、ちょうど今日の日当ぶんで可愛い子供の自転車が変えるぞ。なんて幸せなんだ」と。


デキる人間とデキない人間は、いったいどこが違うのか。その答えは時代によって変わってくる。そして、いまという時代の中で勝敗を分ける最も大きなポイントは「優先順位のつけ方」だと、私は思っている。つまり、「ものごとの優先順位を間違えない人間と、間違える人間の違い」である。


成功者や優秀な人を見て何かを学ぶときに大切なのは、「成功者はすごいな」とか、「あの人は優秀だな」という畏怖ではなく、「この人の良さはここだ」と感じ取ることなのである。


成功者には、必ず、成功の原因がある。ということは、その原因を知れば、他の人でも同じように成功できるはずだ。もちろん、人それぞれ才能や運や努力に差はあるが、そんなことを比較している暇があったら、成功者の勝因の中から自分が真似できることを見つけて、さっさと実践したほうがいいに決まっている。


芸能人もビジネスマンも、成功者たちは基本的にMだ。Mというのは向上心とセットなのだ。もっと自分を成長させたいと思ったら、Mになることだ。


自分を追い込んでくれる同僚や上司を見つけて、どんどん攻めてもらえばいい。無理難題な仕事や課題を与えてもらい、それをこなすことでパワーアップすることができます。


そもそも、成功者なんて、「恐れずに足らず」なのだ。たとえば、イチローは大成功者ではあるが、野球しかできない。もし学校だったら、「野球部ではヒーローだけど、それ以外は何もできないじゃん」と言われてしまう。プロになって、たまたま金を稼いでいるかもしれないが、それだけのことだ。だから、私たちはイチローの前で、何も緊張することなどない。恐れずに足らずなのである。


関根勤の最大の良さは、自分の弱さを隠さないことだ。芸能人は、自分の弱点を見せないようにして商品価値を高めようとする生き物だ。たとえお笑い芸人であっても、自分のドジ話はできるかもしれないが、本当の弱さをさらけ出すことはしない。しかし、関根勤は違う。自分の弱さを隠さずに見せることで、常に自分自身の力を倍化させていく。


イルミネーションを見て「いいなあ」と言うのか「さあ、クリスマスだ」と言うか、まずそこが大違い。うらやましがっているのではなく「よし、行くぞ、クリスマス!」という気持ちを失ってはいけない。


40歳になったとき、そこから先をどう進んで行くのか。それが、人生というマラソンレースの勝負を大きく左右する。


芸能界には、遅咲きの芸能人がいる。彼らは、ただじっと咲くのを待っていたのではなく「今は咲いていないけど、逆転するための準備」をしていたのだ。ある日、突然、棚からボタ餅のように咲くことはない。


「その年齢になったらもう下降線」という話は生涯あり得ない。私自身、「長いこと、この業界でやってきたな」と思うときもあるが、私よりも大先輩が第一線で活躍しているのを見ると、「60代なんて、まだまだヒヨっ子だな」と思う。


「人間、50年」と言われた時代なら「40代か。もう歳だな」という感覚だったかもしれないが、80歳でもバリバリの現役の先輩たちがたくさんいる時代、40代はまだまだ「青年」なのである。


テレビというのは檻の中のようなものだ。その檻の中に映っているのは、ライオンであれ怪獣であれ、絶対に檻からお茶の間には出てこない。だから、危なければ危ないほど面白いし、おっかなければおっかないほど観たくなる。ヘンテコリンなほど面白い。放送コードに耐えられるかぎり、変な人を出せば出すほど盛り上がる。


どんなスーパースターでも面白いときは褒めてほしいのだ。そうでなければ彼は孤独のまま、「俺って本当に面白いのか?」と不安になってしまう。そして、芸能人に限らず、人はみな褒めてほしいのだ。


監督が叱るか叱らないかが大事なのではなく、その選手が逆転ホームランを打ってくれたり完封してくれたりすれば、その監督は結果的に名監督になる。選手が緊張しようが伸び伸びしようがどっちでもいい。要は、ちゃんと戦力になってくれればいいのだ。


中間管理職的な立場にある人の共通の悩みのひとつは「叱り方がわからない」ということのようだが、そもそも「なぜ叱らなくちゃいけないのか」と問い直してみて欲しい。いったい、なんのために叱るのか? そこでその人を叱ることが本当にベストな指導法なのか?


40代というのは、ここまでキャリアを重ねてきた自分のスタイルや価値観が武器でもある。それを大事にして、ここから先を切り開いていくということもできる。しかし、そのスタイルや価値観にこだわりすぎるあまり、停滞したり、伸び悩んだりということが40代特有の壁となる場合も少なくない。そんなとき、ここまでたどり着いた自分をちゃんと認めてあげる一方で、さらに遠くへ進んでいくためにはどうすればいいのか。そこで新たな自己演出をしてみることが、きっと新たな展開を生み出していくはずだ。


普段の自分のままでは、なかなか勇気を持って踏み出せない。でも、「何かになったつもり」になれば、思い切ったことができるかもしれない。だったら、いつもの自分とは違う「もう一つの自分」に変身してみたら、大胆なことができるんじゃないか。


世間というのは面白いものである。最初は、面白おかしく「天才ディレクターのテリー伊藤」と自分で言いふらしていたら、ある日から世の中の人たちが「天才ディレクターのテリー伊藤」と言い始め、「テリー伊藤って天才ディレクターなんだ」というふうに定着していったのだ。これは、まぎれもなく自己演出である。自分で勝手に「天才」を名乗って、勝手に自分のポジションを上げてしまったのだ。


40代の頃から「テリー伊藤」を名乗るようになった。テレビディレクターという裏方の仕事をしていた私が、コメンテーターとして表舞台にでたり、本や新聞に原稿を書いたりする仕事が舞い込むようになった頃のことだった。「どうせなら、ここでもう一発、パワーアップしていきたいな」そう思ったときに、昨日までの伊藤輝夫でいるよりも、リングネームみたいに別の名前をつけたほうが、思い切って暴れられるような気がした。


確かに部下が大きなミスをしたり、だらしなかったりすることはいくらでもある。しかし、私はそういうとき、怒るよりも先に「俺は彼の良さを引き出しているだろうか」と自問自答してみる。怒るよりも、彼が次にいい仕事をするために私が考えるべきことはいくらでもある。


俺から教わったり指示されたりっていうことは、お前の仕事の10のうち1つで十分。あとは自分で考えたり見つけたり、俺から勝手にパクッたりアレンジしてくれればいい。だって、お前は俺にない感性をいっぱい持ってるんだし、俺がしてない体験をしてきたわけだから。


私は部下たちと楽しい話しかしていない。若い彼らは、私とは違う音楽を聴いて育ち、違う映画や漫画を見て、違うファッションを楽しんできた世代だ。私が知らない素敵なことをたくさん知っている。そういう社員たちに私が何か正しいことを教えようとしたり説教をしたりするのではなく、逆に私に面白いことをたくさん教えてほしい。


男は男なんか見本にするな。オジサンよりもオバサンを見習え。オジサンは、オジサンから男の価値観で何かを学ぼうとするよりも、オバサンのマネをしたほうがよっぽどパワフルに生きられるはずだ。


私の周りにいる成功者と呼ばれるような人たちや日本の各分野を動かしてきた人たちを見ると、やはり、一様に40代で大きな転機を迎え、大きなチャンスをつかんでいる。


中年太りを諦めることは、人生を諦めること。体力がなければ自分の経験も活かせないと心得よ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ