ツルゲーネフの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツルゲーネフのプロフィール

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

人間には、不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。そうでなければ人間はすぐに思い上がってしまう。


疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。


乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ