ダニエル・カーネマンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・カーネマンのプロフィール

ダニエル・カーネマン。米国の心理学者、行動経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。イスラエルのテル・アヴィヴ出身。エルサレムのヘブライ大学で数学と心理学を学んだ後、イスラエル国防軍に入隊。その後、アメリカに移住し、カリフォルニア大学バークレー校で心理学の博士号を取得。ヘブライ大学、ブリティッシュコロンビア大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学などで教鞭をとった。ピーク・エンドの法則などで知られている。

人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない。


重要な意思決定を求められるとき、いつ思考の速度を緩め、直感に従わず、全体状況を把握したうえで、しっかりと損得を判断すべきか理解する必要がある。


「合理性」が行動を説明するものとして妥当な領域もある。しかし、まったく説明がつかない領域も多い。


私たちは幸せというものについて、多くを学んでいるところだ。このテーマがあれば、余生も十分幸せに暮らせそうだ。
【覚書き|幸福度の研究について語った言葉】


ストレスはGDPの低い国より高い国の方が大きい。うつ、怒り、悲しみ、肉体的苦痛は貧困国の方が多いが、悩みが少ないという点は興味深い。貧しい人々は、豊かな人々より悩まないということだ。


個人投資家は取引しすぎる。個人投資家たちは、自分はものごとをわかったつもりでいるが、実際はそうではない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ