ソクラテスの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソクラテスのプロフィール

ソクラテス。古代ギリシアの哲学者。哲学者の祖と讃えられ、以後の西洋哲学に多くの影響を与えた。本人は著作を残しておらず、弟子のプラトンが書き記した。恐妻家としても知られている。批判者からの裁判に負け死刑判決を受け、自らの信念を貫くため毒杯をあおって死ぬ。

知恵の始まりは言葉の定義である。


探求なき生は、生きがいのない人生だ。


暇な時間は、かけがえのない財産である。


生きるために食べるべきであり、食べるために生きてはならない。


幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。


賢者は複雑なことをシンプルに考える。


いかなる財宝と比べようとも、良友に優るものはないではないか。


書物を読むということは、他人が辛苦して成し遂げたことを、容易に自分に取り入れて、自己を改善する最良の方法である。


富は良心をもたらさない。しかし良心は、富ばかりでなく、望まれるものすべてを、個人にも国家にももたらす。


人間の最大の幸福は、日ごとに徳について語りうることなり。魂なき生活は人間に価する生活にあらず。


富める人がその富を自慢しても、彼がその富をいかに使うかがわかるまで、彼を褒めてはならぬ。


友と敵とを持たねばならない。友は忠告を、敵は警告を与えてくれる。


最も尊重しなければいけないことは、生きることではない。善く生きることだ。


私は豚となって楽しむより、人となって悲しみたい。


私は長い間、君たちに法律に従うように説いてきた。その私が、どうしてここから脱出できよう。死ぬことと、自分の信念とどちらが大切だろうか。【覚書き:ソクラテスが裁判で死刑判決を受けた時に、弟子たちから牢屋から脱出して外国に逃げたらどうかと言われた時の返答】


ぜひとも結婚しなさい。もし良い妻を得たならば、あなたは幸せになるでしょう。もし悪い妻を得たならば、あなたは哲学者になるでしょう。


結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる。【覚書き|結婚するかどうか悩んでいる人に向かってのアドバイス】


知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ