セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)のプロフィール

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきた。


人工知能を研究することは、人を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である。


常に最先端に立てるよう、自ら生産性を引き上げてください。今後、進化をし続けない従業員はいらなくなるのですから。


人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります。


私は自動運転車が「実現可能か」を考えたことはない。技術者が未来を証明する方法は、実際に作ってみせることだ。


最高のメンバーを集め、革新に挑む自由を与え、皆が全力で取り組めば、実現できないケースの方が少ない。


教育や学位取得は人生に1回だけという考えは時代遅れになり、新しいことを素早く学ぶ人が勝つ時代が来る。


本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


労働者にとって、コンピューターのプログラムを書く能力は母国語を学ぶのと同じくらい重要になった。


米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。


「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


人間の創造性が全く不要になるわけではない。だが悲しいことに、ハードルは着実に上がる。人間が生産性を保つのに必要な学習の量は増え続ける。


私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ