ジョージ・パットンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ・パットンのプロフィール

ジョージ・パットン。アメリカの陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。早くから機甲師団の重要性を唱え、軍上層部に予算獲得を進言。第二次大戦終盤、北アフリカ戦線に参戦。現地に駐留し士気の落ち切った米軍を厳しい訓練で叩き直した。その後、その隊を率い北アフリカからドイツまで攻め上がる。戦後は舌禍により左遷されたのち自動車事故でこの世を去った。

兵士は死んでも祖国のためにならない。敵を殺すことが祖国のためになる。


計算されたリスクを取れ。それは軽率な猪突猛進とはまったく違うのだ。


部下にどうやるかを教えるな。何をするかを教えろ。そうすれば思いがけない工夫をしてくれるものだ。


指揮官が勝利を目標にするのは当然である。また、強い意志で部下を指導するのも必要である。だが、ひたすら肉体を敵の銃弾の前に投げ出すことだけが勇気ではない。近代戦の指揮官にとって、まず心がけるべきは味方の損害の防止であり、個人的信条を部下に押し付けないことである。


諸君が指揮官になった時、部下に死を与えることを躊躇してはならない。死とは、ただ人間がこの世に入ってきたドアから、また出ていくだけだ。誰も、自分がどのドアから入ってきたかは知らず、それに文句をいう者もいない。


1パイントの汗が、1ガロンの流血を防ぐ。「急(せ)く」とは、きちんと偵察をせず、援護火器を準備せず、すべての要因を活用していないことを言う。こんな戦闘計画は戦闘開始までは早いが、片をつけるまで結局長くかかる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ