シラーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

シラーのプロフィール

フリードリヒ・フォン・シラー。18世紀、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表的哲学者。ベートーヴェンの第九の歌詞となった『歓喜の歌』で知られる詩人でもある。流麗な詩はドイツ詩の手本とされ学校などでよく取り上げられるている。主な作品に『群盗』『ドン・カルロス』『ヴァレンシュタイン三部作』『オルレアンの少女』『ヴェルヘルム・テル(ウィリアム・テル)』『メッシーナの花嫁』

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。


勇敢なる男は、自分自身のことは最後に考えるものである。


新しいものは古いものの敵である。したがって、新時代はいつも旧時代から犯罪視される。


ひとりの富者がなんと多くの乞食を養うことか。王が建築をはじめれば、馬車ひきに仕事が生まれる。


人間はひとりひとり見ると、みんな利口で分別ありげだ。しかし、集団をなせば、たちまち馬鹿が出てくる。


誰も恐れない者は、誰からも怖がられている者に劣らず強い。


学問は、ある人にとっては神々しい女神であり、またある人にとってはバターをくれる有能な牝牛である。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ