サラ・カサノバの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

サラ・カサノバのプロフィール

サラ・L・カサノバ。カナダ出身の経営者。「日本マクドナルドホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。グエルフ大学商学部ホテル食品管理学科卒業、マックマスター大学経営修士課程修了。マクドナルド・カナダに入社。マクドナルド・ロシア、ウクライナ、カナダでマーケティングシニアディレクターを務めた。その後、日本マクドナルド執行役員・マーケティング本部長、上席執行役員・事業推進本部長、マクドナルド・マレーシア・マネージングディレクターなどを経て日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOに就任。日本マクドナルド初の外国人社長。

我々はあくまでも「ピープルビジネス」であり、ピープルがたまたまハンバーガーを売っているだけである。ピープルが他社との差別化要素になるのは間違いない。


ドライブスルーの利用が中心でスピード重視の米国に対して、日本はスピードよりも丁寧さや親切さを消費者が求めている。サービスへの消費者の期待値も非常に高い。


マクドナルドは3本脚の椅子に例えられる。FC契約を結んだフランチャイジー、サプライヤー、そして我々カンパニーの協力があってこそ強いブランドとなる。「1人では皆で力を合わせたほどのことはできない」。米マクドナルド創業者のレイ・クロックがこう語ったように、対話をし、関係性を強化しつつ、ビジネスを成長させていく。


我々は世界119カ国で展開しており、グローバル連携も強みだ。アイデアは日々、いろいろなところで生まれている。海外で成功しているサービスも、日本に合致するようであれば積極的に展開する。例えば、米国で定番の朝食メニュー「ビッグブレックファスト」や、欧州で人気の「マックラップ」は、日本市場でも受け入れられるはず。宅配サービスも海外では既に成功を収めており、共働き世帯の増加などで中食需要が伸びている日本でも、コンビニエンスさをアピールしていく上で重要なサービスになる。


「ボードルーム(役員室)からクルールームヘ」を合言葉に、経営幹部の思う戦略や理念をお客様と直接触れ合うクルーにまで伝え、浸透させていくことに力を注ぐ。


ホスピタリティーに関しては、事細かにオペレーションを指示するマニュアルのような「ルールブック」は作れないが、「トレーニングガイド」であれば作ることができる。人材育成への投資を続け、トレーニングを強化する。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ