ケラリーノ・サンドロヴィッチの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケラリーノ・サンドロヴィッチのプロフィール

ケラリーノ・サンドロヴィッチ。日本のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督。東京出身。バンド「有頂天」、劇団「ナイロン100℃」、インディーズレーベル「ナゴムレコード」などを主宰し多方面で活躍した。

苦しいことは、楽しいことのためにやっていると考えるようにしています。


嫌々やっていたらいいものなんてつくれません。表現者である自分が楽しんでいることが一番大事。


うまくいこうがいくまいが、自分がどうしても何かやりたいならやる。そして、その何かを見つけることが大事だということに尽きる。


誰かに迷惑をかけたとしても、結果を出すことに最善を尽くす。最後にいい結果を共有できれば、必ず人はついてきてくれる。


きっと、多分野で仕事しているからこそ飽きないし、新鮮な気持ちを保つことができている。


簡単にできることよりも、どうなっちゃうんだっていうくらい怖い不確定要素があったほうが物事は楽しい。僕はそう考えるようにしている。


もっとよくなるんじゃないかって、いつまでも考えてしまう。僕はあきらめが本当に悪いんです。


慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。


どんどん商売を当てている入っているじゃないですか。そういう人って、その分辛い目に遭ったりもしていると思うんですよ。成功だけが僕らの目に映っているだけであって。結局、誰の人生も山と谷の連続です。


結局、映画、演劇、音楽などをたくさん観ることも自分の仕事。インプットの時間は今後も確保していかないといけない。これが最重要課題ですね。


まずは自分がやってよかったと思えるかどうか。あとは信頼できる家族や友達が「最高だった」と言ってくれるという結果。絶対、それ以上の見返りはないですよ。


我がままで、迷惑かけて、結果が悪ければさようなら。でも、他ではなかなかないくらいの良い結果が出せれば「こいつともう一回やってやろう」っていう話になる。


何であれインプットの蓄積は、必ず次のアイデアにつながります。面白いものは、どこに魅かれたのか考えることができるし、人の芝居はたいていつまんないけど(笑)、つまらない理由を考えるのもまたインプットになる。


事務所の連中、バンドメンバー、レコード会社は、「劇団なんか辞めてくれ」と言う。確かに劇団はまったく儲からず、バンドのツアーやレコーディングのほうが確実に実入りはよかった。でも、僕は、一つのことだけずっとやっていると息が詰まるんです。もしあの時、劇団を続けられなかったら、バンドも、もっとずっと早く解散していたと思います。


僕は音楽でも演劇でも、売れることを第一義に考えてやったことが一度もないんです。僕らがやってるようなバンドにとって、商業的な姿勢は格好悪いだけですし、当時は若かったこともあって特にそう感じていた。


レーベルを立ち上げたのも、まったく戦略的ではなく、自分や仲間のレコードを出したいけどメジャーでは出してもらえなかったから。本当に好きなこと、やりたいことを続けてきただけとしか説明できないんですよ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ