クラウゼヴィッツの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウゼヴィッツのプロフィール

カール・フォン・クラウゼヴィッツ。プロイセンの軍人、戦略家、軍事学者。ナポレオン戦争従軍、ロシアでの対ナポレオン防衛戦などに参加。プロイセン第三軍参謀長などを務める。実戦経験をふまえて「戦争論」を著した。39歳、心臓麻痺にてこの世を去る。戦争論は死後、妻と協力者の手によりまとめられ発表された。

地位の高まるにつれて無能となる者がある。単純で勇敢なだけでは将帥にはなれない。


予期しない事実に当面したとき、これを処理できる能力を沈着という。沈着の度合いは、心が平静に戻るまでの時間によって測る。


勝者には、勝敗の決定が迅速であればあるほど都合がいい。敗者には、持続時間がどんなに長くても長すぎるということはない。


戦争において必要な知識は極めて簡略であるが、この知識を実行に移すことは本当に容易ではない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ