ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)のプロフィール

ガイウス・ユリウス・カエサル。英語読みはジュリアス・シーザー(Julius Caesar)。共和制ローマの政治家、軍人、文筆家。ガリア戦争、ローマ内戦、北アフリカ・ヒスパニア戦役などで活躍し、二人目の終身独裁官となった人物。元老院の権力を低下させ、帝政ローマの基礎を作った。最期はポンペイウス劇場に隣接する列柱廊にてマルクス・ブルトゥスに刺殺された。

一般人は見たい現実しか見ない。


我はローマ人の間にて第二位になるより、ここの人々の間にて第一位になることを欲する。
【覚書き|法務官時代、ヒスパニア・ウルステリオル属州に総督としてローマから赴任した際の言葉。この赴任がカエサルの人生を変え、のちにローマのトップになる礎となった】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ