オスカー・ワイルドの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

オスカー・ワイルドのプロフィール

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド。アイルランド出身の詩人、作家。アイルランドのダブリン出身。ダブリン大学トリニティ・カレッジ、オックスフォード大学モードリン・カレッジを卒業。派手な言行と美しい文章で人々の注目を集め、世界中の多くの作家に影響を与えた。主な作品に『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『幸福な王子』など。

自分について真面目に考えれば考えるほど些細な点が気になる、というのは不思議な事実である。


楽観主義者はドーナツを見る。悲観主義者はドーナツの穴を見る。


よい決心というものには、ひとつの宿命が付きまとっている。よい決心がつくのは、いつも時すでに遅しとなってからという宿命だ。


不平や不満は人間にとっても、国にとっても進歩の第一段階である。


若いときの自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。
いま、歳をとってみると、その通りだと知った。


人間は不可能を信ずる事が出来るが、ありそうもない事を決して信ずることは出来ない。


外見で人を判断しないのは愚か者である。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ