アーヴィング・フィッシャーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーヴィング・フィッシャーのプロフィール

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかない、ということだ。


『貨幣数量説』は移行期には厳密にも絶対的にも成立しない。


アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。(覚書き|奇しくもこの発言後に株式バブルがはじけ「ブラックサーズデー」「ブラックフライデー」「ブラックマンデー」「ブラックチューズデー」が発生。世界恐慌へと突入していく)


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ