アンデルセンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンデルセンのプロフィール

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。デンマークの代表的童話作家。デンマークのフュン島オーデンセ出身。貧しい家に育ち、父の急逝から11歳で学校を中退。15歳のときにオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行く。デンマーク王立バレエ団バレエ学校に所属し、王や王立劇場支配人などの援助で大学で文献学と哲学を学ぶ。『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版し、ドイツ語訳が出るほど売れたのち、ヨーロッパを旅する。帰国後、初小説『即興詩人』でヒットを飛ばし作家への糸口をつかんだ。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』『親指姫』など多数。

目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。


旅は私にとって精神の若返りの泉だ。


すべての人間の一生は、神の手で描かれたおとぎ話である。


家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ